【20代サッカー選手】身体の硬さや全身のバランスを改善したいという選手のパーソナルトレーニング

お客様の変化

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート Lograr(ログラル)の相良です。

 

今回は、当スタジオでパーソナルトレーニングを受けている20代サッカー選手 W様の変化の一例をご紹介します。

W様は、ゴールキーパーの選手でプレーしているときの身体のバランスを改善したい、ケガをしてから腰回りが固まりやすくなっているので柔軟性をとにかく高めたいということをトレーニング前に話しておられました。

話を聞いていると、プレー中に身体の左右差を感じることがあるそうでゴールキーパーでセービングする際に横方向への瞬発的な動きが片側だけ遅くなったり、反応してもボールに力負けしてしまうことがあると悩んでおられました。

 

身体の動きをチェックしていると、足を左右に動かすときに足の付け根に詰まり感があり動きが固くなっておりスムーズに身体を動かせていない状態でした。

パーソナルレッスンで付け根の硬さを改善するセルフワークや全身のバランスを整えるようなトレーニングを中心に実施して、トレーニング後にもう一度足を左右に動かすと可動域が広くなりスムーズな動きができるようになっておりました。

固まっていた腰回りも軽くなっており、トレーニング後に固いと感じていた動きなどをすると「めっちゃ動きやすい!めっちゃ楽!」「スムーズに身体が動く!」と身体の変化を実感しておりました。

 

 

ゴールキーパーの選手は、動きの左右左があったり身体をスムーズに動かせない方向があるとボールへの反応が一周遅れてしまい失点につながる可能性もあるので、スムーズに身体を動かせる感覚を実感していただけて何よりです。

今までよりも楽に身体を動かせるようになる(スムーズに動かせる)ということは、無駄な力みなく方向転換や重心移動ができるようになったり、初速の一歩目の足が出るスピードが変わってくるなどプレーにも良い影響を与えることにつながります。

トレーニング前の股関節や腰が詰まっている状態ではスムーズな瞬発的な動きは難しいですが、柔軟性を高めて動きがスムーズになることで、無駄な力みなく方向転換や重心移動ができるようになったり、横方向への動き出しもスムーズに出来るようになり瞬発的なスピードが速くなるなどプレーにも良い影響を与えることにつながります。

このようにサッカーの具体的なプレーに関する悩みや課題も、身体の柔軟性や動きをチェックしながらトレーニングすることで効率的に改善していくことができますの。

 

W様のようにプレーの悩みを改善したいという方や身体が硬くプレーのスピードが遅いように感じるという方は是非スタジオにお越しください。

大阪のスタジオでのパーソナルトレーニングだけでなく、オンラインでのパーソナルトレーニングも実施しておりますので初回トレーニングをご希望される方は予約フォームからお申込みください。

 

柔軟性を高めてスムーズな動きができる身体を作っていきましょう。

 

相良郁実

 

 


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。