【20代 男性サッカー選手】ダッシュの一歩目がスムーズになり、瞬発的なスピードが向上しました。

お客様の変化

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート Lograr(ログラル)の相良です。

今回は、当スタジオでパーソナルトレーニングを受けている20代サッカー選手 H様の変化の一例をご紹介します。

H様はフォワードの選手で、裏へ抜け出したときのスピードをもっと高めたいとカウンセリングの際に話しておられました。

裏へ抜け出すプレーは得意ということでしたが、抜け出した後に相手にスピードで追いつかれるシーンがあるそうでダッシュの一歩目や初速を上げる方法を模索していたそうです。

 

早速、身体の動きをチェックすると、胸周りや背中が硬くなっており足の筋力だけでスピードを発揮しているような状態でした。

足の筋力を使ってスピードを発揮することが悪いということではないのですが、ダッシュをする際に毎回地面を強く踏み込む動作が入ることでプレー中の初速のスピードを低下させてしまうことが多いのです。

H様も無駄な動作が入ってしまうことで初速が遅くなっていたので、「背中や胸周りの硬さを改善することでダッシュの一歩目もスムーズになると思いますよ」ということをお伝えし、そこから1回60分のパーソナルトレーニング×月1回のペースでスタジオに通って頂いております。

 

個別レッスンでは、背中や胸周りを伸ばすようなストレッチや足の筋力だけでスピードを発揮する身体の使い方から背中や腕などの上半身を使ってスピードを生み出すようなトレーニングを実施しています。

初回のパーソナルレッスンでは、上半身の硬さが影響して胸を伸ばすようなストレッチでも肩に力が入っていましたが、1ヶ月後には胸周りが少し柔らかくなりリラックスしている状態で上半身を伸ばせるように変化していました。

H様も、以前よりも気持ちよく身体を伸ばせるようになったと話しており、プレーでも今までよりもダッシュの一歩目がスムーズになり動きやすくなり、相手に追いつかれずにプレーができることも少しずつ増えたと変化を実感されておりました。

 

写真左:トレーニング初回
写真右:トレーニング1ヶ月後

 

胸周りや背中などの上半身が柔らかくなることで、立っているときの姿勢が改善されて重心の位置が高くなります。

重心が高くなることで、地面を強く蹴って動くという今までの「足の筋力だけでスピードを発揮していた身体の使い方」から身体を進行方向に倒すことでスッと動くという「無駄な動作がない効率的な身体の動かし方」ができるようになります。

 

H様も上半身が動くようになったことで、裏へ抜け出す前の身体向きを変える動作やダッシュの一歩目がスムーズとなり結果的に初速のスピードも向上していました。

このようなプレーの変化を通して「こういうプレーができるようになりたい」という理想のプレーを叶えるきっかけになれば嬉しく思います。

 

H様のように、ダッシュの一歩目や初速のスピードを高めたいという方は是非スタジオにお越しください。

オンラインでのパーソナルトレーニングサポートも実施しておりますので、遠方にお住まいで一緒に成長していきたいという方は一度ご相談ください。

 

相良

 

 


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。