「守備の対人プレーでの身体の動かし方を改善したい」という29歳サッカー選手のパーソナルトレーニング3ヶ月コースの変化。

お客様の変化

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングスタジオ Lograr(ログラル)の相良です。

今回は、29歳社会人サッカー選手「I様」のパーソナルトレーニング3ヶ月コースの変化の一例を紹介します。

 

I様は、

「守備の対人プレーでの身体の動かし方を改善したい」

ということで初回パーソナルトレーニングにお越しくださいました。

 

カウンセリングで詳しくお話を聞くと、

守備で簡単に剥がされるシーンがあったり、相手にぶつかることもできず突破されるシーンが試合中に数回あったことで守備での身体の動かし方や使い方を見直したいと思ったそうです。

また、その日は足が重たくボールも足につかないような感覚で、上半身と下半身がうまく連動していないように感じていたということでした。

いくつか課題がある中で、

「まずは守備のときの身体の動かし方や次のプレーのアクションをより速くしたい」

ということを話していました。

 

早速、身体の動きをチェックすると、胸の動きが固くなってプレーの動きがワンテンポ遅れやすく、相手の動きに対応しづらい(無理が効きづらい)状態となっていたので、

初回パーソナルトレーニングでは、上半身の胸周りを伸ばすストレッチや身体全体がスムーズに動かせるようにするためのトレーニングなどを実施しました。

I様には、「上半身を自由に動かせるようになることで、守備の反転やプレーのアクションが速くなるなどの課題が改善するだけでなく今よりもプレーの幅もさらに増えていくと思いますよ」とお伝えしたところ、

「継続したい」ということを言ったいただき3ヶ月間の4回コースプランをご購入されて、それからは1回60分のパーソナルトレーニングを3週間に1回のペースで受けていただいておりました。

 

先日、3ヶ月コースのトレーニングが終了しましたので変化の一例をご紹介します。

3ヶ月コースの変化

初回トレーニングから1ヶ月後(1~2回目)

トレーニングマッチでは劇的に動き違いました!楽しくサッカー出来ました!

特にスライディングからの立ち上がりとか、相手に寄せたときに一歩足伸ばしてボールつつけるとか、獲得したかった動きが出来ました。

次のプレーのアクションが良くなっていますし、対人の動きも良くなって簡単に剥がされるシーンも少ないです。

攻撃面でも少ない力で相手のタイミングをスムーズに外せるようになっており、思ったより効果があって驚きました。

初回トレーニングから2ヶ月後(3回目)

今日の、トレーニングマッチでの動きがかなり良かったです。

前回課題として挙げていた、ロングランの直線のスピード感も上がっていて、インターセプトしたいときに「ギリギリ届かないかな」というところで足が届くようになり、インターセプトの後にも連続したプレーができるようになりました。

相手を剥がす動きもスムーズで、今までだったら、バランスを崩すかボールに足が当たってしまって相手に引っかかりボールを取られるような感覚だったが今日はスムーズに剥がせました。

また、トレーニングマッチに3本出場してチームで1番走っていたが、足の疲労感がほとんどなく「まだ出れるな」という感覚で、この感覚は今までなかったのでかなり良かったです。

初回トレーニングから3ヶ月後(4回目)

通い始めた頃は、なまりが足についているような状態だったのですが、足が重たいというのは完全になくなり、足で走っている感じもしなくなりました。

疲労感も全然違って、毎週3本フルで試合に出られていて3本目でもダッシュなども出来ているし、疲労が溜まっているからミスをするというのが少なくなりました。

毎週3本出れている中で、当初の課題であった守備の対人のところも相手にも必ずぶつかれるようになっていますし、今日の試合でも守備で起点になってアシストできました。これは相手に寄せてコンタクトできる、ネクストアクションが早くなっているからこそだと思います。

キックも課題として挙げていますが、ここに通う前と比べるとキックミスは大幅に減っています。

疲労感が本当に違うと感じていて、疲れ方が変わると、本来のパーソナルを受け始めた最大の目的の「サッカーをより楽しめる」というのが実感できています。

という変化を実感されていました。

 

足の重たさやプレーの課題を改善されたこと、疲労の溜まり方が変わってきていることだけでなく、本来の目的であった「サッカーをより楽しめる」という変化を実感していただけて嬉しい限りです。

このような変化を感じていただけたのは、I様がコツコツ積み重ねた結果ですが、身体の動きやプレーしているときの動きが変わる1つのきっかけになれて何よりです。

 

このように、プレーの課題を改善したいという場合も、プレー中の動きを制限している”動きの固さ”を明確にして、身体をスムーズに動かせる範囲を増やしていくことで、プレーの課題が改善されていくことも多々あります。

I様だけでなく当スタジオに通っていただいている方からも、トレーニングを積み重ねることで少しずつ「プレー中の力みが少なくなっている」「体がスムーズに動いてプレーしているときの動きが変わった」というお声を数多くいただくので、

当初のI様のように、守備での対人プレーで課題を感じているという方や、次のプレーのアクションを速くしたいという選手は、ログラルの個別レッスンが1つのきっかけになると思いますので是非スタジオまでお越しください。

 

相良郁実

 


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。