「1シーズン通して身体が重たいなと感じる試合はなかった」という20代プロサッカー選手の変化。

お客様の変化

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングスタジオ Lograr(ログラル)の相良です。

今回は、20代プロサッカー選手のパーソナルトレーニングの一例を紹介したいと思います。

当選手とは約3年前からトレーニングを開始して、理想とするプレーを実現させるために毎回プレーの調子や試合での動き、感覚などを振り返りながらプレーの課題を改善するようなトレーニングを積み重ねています。

 

具体的には、

「こういう場面で相手よりも一歩早く動けるようになってきている」というようなポジティブな変化を確認したり、

「こういうシーンで腕を使えたらもっと良かった」というような改善していくべきプレーの分析をし、それらの動きより良くしていくために必要な柔軟性やしなやかな動きを身につけながら、プレー中の身体の動きや使い方をスムーズにするためのトレーニングをしています。

 

トレーニングを始めた当初よりもスムーズに身体を動かせることが増えてきており、

先日スタジオでトレーニングした際に今シーズンの振り返りを一緒にしましたが、


パフォーマンス面での良い変化は、

去年よりも積極的に前を向くところもかなり出来ていましたし、反応スピードや出足の速度もだいぶ上がっている感覚があります。

毎試合ではないものの局面での守備での身体を入れる動きも良くなっていますし、シーズン通して身体が重たいなと感じる試合はなかったですね。

ということを話してくださいました。

身体の動きだけでなく、プレー中の動きが良くなっていると感じられていて何よりです。

そして1年間通して“身体の重たさ”を感じることなく試合に臨めたのは、当選手の日々のコンディション調整の賜物だと思います。

このようなポジティブな変化は、選手自身が日々積み上げた結果によるものですが、当スタジオでのサポートがパフォーマンスを高める1つのきっかけとなっていれば嬉しいです。

 

「パフォーマンス面を含めて成長を感じられたものの、もっと出来たと感じるところもある。」

ということも話していましたが、また来シーズンに向けて良い準備を積み重ねていきましょう🤝

 

このように、プレーの具体的な課題や悩みであっても、身体の動きや身体の使い方を見直すことで、試合中の身体の動きがスムーズになり、プレーの課題や悩みの改善がより早くなります。

試合で理想のプレーを発揮するためには、適度な脱力感やリラックス感がある中で、無駄な力みがなく、より速く身体をスムーズに動かせることがポイントになりますが、トレーニングを積み重ねることで少しずつプレー中の動きが変わっていきます。

 

スタジオに通っていただいている選手からも、

「身体の力みが少なくなって、今までよりもスッと前を向けることが増えています。」

「守備で相手に寄せるスピードが速くなり“奪える”と思える回数が増えて、オフェンス面ではスルーパスに追いつけるシーンが前よりも増えています。」

というお声を数多くいただくので、

当選手のように、「ここでもう一歩速く足を出せるようになりたい」「こういうシーンでスムーズに身体を動かせるようにしたい」とさらにステップアップしたいと模索しているのであれば、ログラルのパーソナルトレーニングが1つのきっかけになると思いますので是非スタジオまでお越しください。

 

相良郁実


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。