【20代 男性サッカー選手】足の付け根が硬くボールが蹴るときの感触がよくないという選手のパーソナルトレーニング

お客様の変化

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングスタジオ Lograr(ログラル)の相良です。

今回は、当スタジオでパーソナルトレーニングを受けている20代サッカー選手 I様の変化の一例をご紹介します。

I様は、初回レッスンの際に左足でのフィードやキックは自分の持ち味だと話しておりましたが、相手と接触し足指のケガをしてから左足のキックの感触があまり良くないと悩んでおられました。

どういう感触なのかと確認すると、「左足を振るときに股関節の前側が詰まる感じがして、インサイドキックするときは股関節の外側(お尻)が詰まって足が開かず重心を乗せてキックすることができない」と話しておられました。

 

早速、身体の動きをチェックするとお腹周りや背中全体が固くなって上半身と下半身を連動させて身体を動かすことができなくなってしまい、結果的に足を振る動作がスムーズにできていない状態でした。(写真左)

パーソナルレッスンでは、お腹や背中周りの柔軟性を高めるストレッチや上半身と下半身を連動させて身体を動かすトレーニングを実施したところ、股関節の付け根のつまり感が解消されて足を振る動作がスムーズになり、インサイドキックをするときも足が大きく開きしっかり重心を乗せて蹴ることができると変化を実感されていました。

写真左:トレーニング開始時
写真右:トレーニング直後

 

パーソナルトレーニング当日は、前日の試合の影響で筋肉痛があり歩いてくる道中も足が重たかったそうですが、パーソナルレッスン後には歩いているときの筋肉痛の張りや詰まりも改善されて足が軽くなっており、『良いボールが蹴れているときの体の状態とかなり近いです』ということを言っておりました。

「この状態なら良いプレーができる」「良いプレーができているときの感覚に近い」というような変化を実感することはプレーの悩みや課題を解決していく1つのきっかけになります。

 

I様のように自分の持ち味であるフィードやキックの感触があまり良くないと感じていたり、プレーの動きで硬さや詰まり感などの違和感を感じていう場合でも身体をスムーズに動かせるようになることでプレーの悩みが改善することも多々あります。

当初のI様のように、プレー中に身体の硬さや詰まり感を感じているという選手やボールを蹴るときの感触があまり良くないという選手は是非スタジオにお越しください。

大阪のスタジオでのパーソナルトレーニングだけでなく、オンラインでのパーソナルトレーニングも実施しておりますので初回トレーニングをご希望される方は予約フォームからお申込みください。

 

相良郁実

 

 


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。