【20代男性サッカー選手】「サイドでボールをもらって縦に仕掛けるシーンで身体が力んでしまうことを改善したい」という選手のオンラインパーソナルトレーニング

お客様の変化

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングスタジオ Lograr(ログラル)の相良です。

今回は、当スタジオのオンラインパーソナルトレーニングを受けている関東在住20代サッカー選手 O様の初回オンライントレーニングの感想とその後の変化の一例を紹介したいと思います。

O様は、「サイドでボールをもらって縦に仕掛けるシーンで身体が力んでしまうことを改善したい」ということでオンライントレーニングに申込してくださいました。

詳しく話を聞くと、サイドでボールをもらって縦に仕掛けようとしたとき(横方向の動きをしたとき)に身体をスムーズに動かすことができずプレーに制限が出ているように感じていたそうで、プレーの制限をとってパフォーマンスを高めていきたいということを仰っていました。

 

早速、身体の動きをチェックすると、上半身の背中周りが硬くなっていることが影響して足の付け根外側が硬くなっており、結果的に足をスムーズに動かすことができなくなってサイドステップをするときにも身体全身に力が入り過ぎている状態でした。

オンラインでのパーソナルトレーニングでは、縦への仕掛けがスムーズになるような上半身の動きや背中全体の柔軟性を高めるストレッチなどを実施したところ、股関節周りの可動域が上がるだけでなく足の付け根の詰まり感もなくなり、「股関節の詰まり感もなくて可動域も全然違う!」と身体の動かしやすさとを体感されていました。

初回オンライントレーニングの最後には、「自分が思っていたところと違うところにプレーを制限している原因があったというのが自分にはない考え方で、実際にその部分を動かして柔らかくすることで足がスムーズに上がりやすくなるなどの実感があったので勉強になりました。」と言っていただきトレーニング前後で動きの変化を実感されていました。

O様には、上半身を柔らかく動かせるようになることで縦に仕掛けるときも力みなくスムーズにプレーができるようになるということをお伝えし、関東在住ということも考慮して現在は1回60分のオンライントレーニング月1回のペースで積み重ねながらタイミングの合う際に出張でのパーソナルトレーニングをする形でサポートしています。

 

パーソナルトレーニングを受け始めて現在が2ヶ月目(オンライントレーニング1回、対面トレーニング1回実施)となりますが、すでにプレー中の変化を感じているようで、

「上半身の柔軟性が向上したことでプレーをしているときに身体が力んでいると感じていることが少なくなり、初速やカットインのスピードアップをしようとしたときの動きがスムーズになっている」と話してくれました。

身体の力みを改善してスムーズに身体を動かせるようになることで「相手にプレーを絞らせない選手になりたい」ということを仰っておりましたが、パーソナルトレーニングを通してその理想に少しずつ近づいている実感もあるようです。

 

この記事を読んでいるあなたもプレー中に身体が力んでいると感じていたり、もっとスムーズに身体を動かすことができたら・・・と思っているのではないでしょうか?

縦に仕掛けようとしたときに身体が力んでしまうというような悩みでも、身体をスムーズに動かせるようになることで力んでいると感じることが減ったり、スムーズにプレーができるようになるという変化を感じていただくことは多くあります。

当初のO様のように、スピードアップしようとしたときに身体が力んでしまうという選手やスムーズに身体を動かすことができずプレーに制限がかかっているように感じるという選手は是非スタジオにお越しください。

 

大阪のスタジオでのパーソナルトレーニングだけでなく、オンラインでのパーソナルトレーニングも実施しておりますので初回トレーニングをご希望される方は予約フォームからお申込みください。

 

相良郁実

 

 


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。