「前よりもシュートの感覚が良くなっている」という20代女子サッカー選手の変化。

お客様の変化

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングスタジオ Lograr(ログラル)の相良です。

今回は、

「身体の力みがあって力を最大限発揮できていない感じがする」

という20歳女子サッカー選手の変化の一例を紹介します。

 

当選手は、自分の持ち味を発揮しきれていないと悩んでいるところ当スタジオに通っていただいている選手の紹介でパーソナルトレーニングを受けていただき、そこから継続的にスタジオに通ってくださっています。

トレーニングを開始した当初は、シュートを打つときに力んでしまったり周りを見られず判断が遅くなる、調子が良いときと悪いときの差が大きいと言うことを話しており、

実際の動きをチェックすると、上半身の動かし方や視野の取り方に問題があり結果的に身体が力みやすくなっていたので、背中周りを柔らかく動かすストレッチやプレーの動きをスムーズにするために全身を連動させて動かすトレーニングなどを実施しています。

年末にスタジオでトレーニングした際には、

まだプレーの調子は良かったり良くなかったりの波は多少ありますが、身体が重たくなるのが減って極端に調子悪いということはほとんどなくなりました。

調子があんまりだなと思ってもある程度動けるようになっていますし、動きが良いときは、ドリブルで抜けたり、プレー中にも自然と良いところを見れたりしています。

以前は力が入り過ぎる感じがしていたんですけど、前よりもシュートの感覚は良くて、ミートも良くなってきいます。

ということを言っておられました。

着実に変化を感じられているようで何よりです。

トレーニング後には、

「ほんと行くたびに新しい発見があります😁来年も今よりよくなれるように取り組んで行きます!」

ということを言っていただきましたが、スタジオのパーソナルトレーニングを通してパフォーマンスを高める1つのきっかけになれていれば嬉しく思います。

 

この記事を読んでいる方も、身体が力んで思うような動きができずなかなかパフォーマンスが上がらないと悩んでいるのではないでしょうか?

身体の力みや重たさがありプレーの調子が上がらないということでトレーニングを開始する選手も多いですが、

スタジオに通っていただいている選手からも、

「プレー中の力みが少なくなっているのが自分の映像を見ていても感じます」
「身体の力みが少なくなって、今までよりもスッと前を向けるシーンが増えています。」

というお声を数多くいただくので、

当選手のように「身体の力みがあって力を最大限発揮できていない感じがする」と、悩んでいるのであればログラルのパーソナルトレーニングが1つのきっかけになると思いますので是非スタジオまでお越しください。

 

相良郁実


ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。