プロフィール

 

profire

自己紹介

相良 郁実┃Ikumi Sagara

1995年生 大阪府高槻市出身。

スポーツトレーナー/柔道整復師

シルビオ

コンセプト

 

「慢性障害をゼロにする」
「アマチュアからトップアスリートの輩出」

目の前の選手を救い、トップアスリートまで導けるようなサポートを。

 

 

活動

ベンチ 指導

 

関西を中心にスポーツトレーナーとして活動。

トレーニング指導、セルフケア指導、コンディショニングを主に実施。

パフォーマンスを高めるためのトレーニングを重要視し、ケガの予防やケガからの復帰、復活までのサポートも実施。

チームサポートでは指導者の思い描いているチーム作りをフィジカルの視点からサポートし、パーソナルサポートでは選手個人に合わせた課題や目標へのサポートをしている。

選手自身が自分の伸びしろに気づけるようなサポートを重要視し、活動している。

 

事業

パーソナルサポート

チームサポート

メールマガジン執筆

 

コラム

 

湧く湧く

 

マガジン

 

経歴

<2015~>

大阪府公立中学サッカー部チームサポート

 

<2017~>

医療大学卒業後、鍼灸整骨院・併設パーソナルジム勤務

 

<2018~>

大阪府社会人2部サッカーチームサポート

大阪府ジュニア野球チームトレーニングサポート

大阪府ジュニアサッカーチームトレーニングサポート

イタリアチャレンジ2018 in 神戸 ローマ選抜帯同トレーナー

KASHIWARA IDOMI PROJECT トレーナースタッフ

 

メディア

お気軽に申請してください!(なるべくメッセージください!)

 

想い

自分自身がケガに悩まされた経験からスポーツトレーナーの道を志す。

昔は何度も捻挫を繰り返し、姿勢も悪く、肩こりや成長痛も抱えるなどプレーヤーとしてはお世辞にもいい選手とは言えない選手でした。

スポーツにかかわる仕事をしたいという漠然な目的でスポーツトレーナーの道へ進みましたが、現場の選手の声や指導者の声を聞きやりたいことに気づかされました。

 

きっかけは、成長痛に悩んでいた選手の相談にありました。

「お医者さんに膝が痛いのは成長痛だから、成長が止まるまではサッカーをしないほうがいいと言われました。」

この選手の場合は、コンディショニング、トレーニング実施後、痛みは消失し無事に試合に出場することができ、

「試合に出れてよかった。」

「こういう時になにもしてあげられないから、とても助かりました。」という言葉を選手、指導者からもらいました。

 

自分自身が何度もケガに悩まされた選手だったので選手の意見が響きました。

「ケガをするたびに医療機関で治療して治してくれるけど、プレーをすればケガをしてしまう。治ったと言われるたびにケガをしてしまう自分が情けない。」

「思うようにプレーできないということを解決したくて藁にも縋る思いで医療機関に駆け込んだ時に、プレーをするなと言われてしまう」

「自分のケガの原因や伸び悩んでいる原因を初めて知ることができた」

 

選手としてプレーしていた当時の自分も同じような思いがありました。

うまくなりたいということも忘れさせるくらいケガを繰り返すと勝ちたいという目標からケガをしたくないという目標に変わってしまう。ケガをしないようにという目標はあくまで通過点であり、その先には試合で活躍したい、勝負に勝ちたいというというものがあるはず。そこに目を向けれる環境が欲しいと思っていました。

 

どれだけの選手がケガをしているのだろうか。

ケガに悩まされ思うようなプレーができない選手はどれくらいいるのだろうか。

ケガもしていないのに思うようにプレーできない選手もたくさんいるのではないのか。

 

自分と同じような悩みを抱えている選手と出会い、身体の専門家としてこれらの悩みをフィジカルの視点から解決することもできるということに気づかされ、目の前の選手の障害予防を含めたパフォーマンスアップをサポートしている。

 

一人でも多くの選手が、痛みや違和感などに悩むのではなくパフォーマンスを上げることだけに集中できる環境を提供できるよう取り組んでいます。

 

 

sgr

 

The following two tabs change content below.
相良 郁実

相良 郁実

フリーランスのスポーツトレーナー。 「慢性障害をゼロにする」、「アマチュアからトップアスリートへ」という目標を掲げ、関西でトレーニング指導、セルフケアの指導を中心にスポーツトレーナーとして活動中。
相良 郁実

最新記事 by 相良 郁実 (全て見る)