トレーニングコンセプト

concept

サッカー選手に必要な「動きの質」を高めるトレーニング

Lograrのトレーニングでは、サッカー選手に特化した“身体の使い方”や“柔軟性”を徹底的に向上させ獲得することで「動きの質」を高めます。

サッカー選手に必要な「動きの質」を高めることをベースに構築されたトレーニングで、あなたの選手としての伸び代を提示します。

「あの選手は動きが速い」
「あの選手はいい動きをする」

サッカー選手にとって「動き」というのは評価に直結します。
良い動きをする選手は評価が高く、動きが悪い選手は評価が低くなります。

その「動き」の根底にあるのは、どのように身体を操作するのか、どのような力加減でパワーを発揮するのか、どのようにバランスをコントロールするのかなど、競技能力の土台となる根本的な身体操作能力(本質的能力)です。

Lograrのトレーニングサポートは、一般的なパーソナルジムでの運動とは異なりサッカーに特化した身体操作能力を獲得することで「動きの質」を徹底的に高めます。

パフォーマンスを高めるためのトレーニング

トレーニングには、目的によって様々な手法や考え方があります。

目的はほとんどがパフォーマンスを高めることに集約されますが、トレーニングが実際のパフォーマンスにつながっているのかは非常に曖昧です。

トレーニングのセット回数を多くすることや重さを増やすことが目的に変わってしまうケースもありますが、これらは短期的な目標であり、これらがパフォーマンスを高めるためでなければいけません。

トレーニングを実際の競技のパフォーマンスにつなげるためには、その競技のトップ選手の動きと、その選手の動きを分析することが必要です。なぜなら、トップ選手の動きには、たくさんの共通項がありパフォーマンスを高めるためのヒントが隠されているからです。

Lograrでは、競技特性やトップ選手の分析をもとにトレーニングを構築し、その選手に最も必要なトレーニングを提供しています。

本質的能力にアプローチ

本質的能力と競技能力

スポーツで発揮される能力は、専門的な競技能力と、その土台となる本質的な能力から構成されます。

どんな競技でも最大の目的は勝つことに集約されます。

そのため普段の練習では勝敗に直結する競技能力を高めるトレーニングに重きを置きます。競技能力を高める方法は、高い専門性を持った監督やコーチが指導します。

では、競技能力の土台となる本質的な能力を高める時間は確保されていますか?

Lograrのトレーニングサポートは、サッカーにおける筋力や持久力などの量的な能力を強化するのではなく、競技能力を最大限発揮するために「身体の質」「身体の使い方」にフォーカスしたトレーニングであなたの「動きの質」を高めていきます。

本質的な能力は、競技能力の上限を規定する能力ともいわれます。
本質的な能力向上は、実際の競技能力向上にも深く関与します。

本質的能力を向上させることによって、試合や練習での身体のクセや弱点を克服し、競技パフォーマンスの向上と怪我の予防を両立させます。

潜在能力を引き出し、競技能力を最大限に発揮するために本質的能力をトレーニング対象にしています。

日常生活をトレーニング化する

トレーニングしている時間は一日にどれくらいありますか?

トレーニング指導をしていると、選手自身が全くできない動き、いわゆる課題に直面します。

課題とは伸びしろであり、課題をクリアすることが短期的な目標になります。
トレーニングとプレーのつながりを重視しているためトレーニングの課題は、プレーの課題と言い換えることができます。

では、この課題をクリアするために一日30分トレーニングしている選手と、6時間トレーニングしている選手どちらが早く課題をクリアできるでしょうか。

30分のトレーニングの中身や質はもちろん重要ですが、トレーニングしていない23時間30分の過ごし方もとても重要です。

日常の中にも、パフォーマンスを高める手段はあります。

日常をトレーニング化することは、周りの選手が何もしていないときに成長できるということを意味しています。

意識が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば身体が変わる
身体が変われば動きが変わる

Lograrでは、日常をトレーニング化することを推奨しています。

時間がない選手こそ、日常のトレーニング化を。

どんなトレーニングをしているのか




ご予約・お問合わせは「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。