怪我を繰り返している身体の硬いサッカー選手が、実施すべきストレッチの方法とは?

TR10 トレーニング

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。

今日は、柔軟性について解説していこうと思います。
身体の硬い選手でも柔軟性を獲得できるようになるストレッチの方法ですね。

「怪我しないためのトレーニングを教えてほしい」
「怪我の再発を防ぐためのメニューを組んでほしい」

というような相談を受けることが多いのですが、
怪我で悩んでいるサッカー選手の多くが「柔軟性」が不足しているという問題を抱えています。

 

 

身体の硬さを自覚している選手も、
どのようなストレッチやトレーニングをすればいいのか、
どのタイミングで、どれくらいの時間実施すればいいのか

といった
具体的な方法がわからないという選手も多いと思いますので、
僕がサポートしている選手にお伝えしているストレッチをご紹介します。

 

 

柔軟性を高めるストレッチの方法は沢山あるのですが・・・
身体が硬い選手に覚えていてほしいことがあります。

それは、
「ストレッチは頻度が重要だ」ということです。


どういうことかと言うと、
柔軟性は向上もすれば、低下もするものです。
身体が硬くなる仕組みを理解しておくことで、
身体の硬い選手でも柔軟性を早く手に入れることができます。

身体が硬くなりにくい方法がわかればストレッチの効果は自ずと高くなりますよね。

 

 

皆さんもこのような経験をしたことはありませんか?

「寝る前のストレッチで、つま先までタッチできるようになったのに次の日やってみたらつま先にタッチできない・・・」
「ストレッチしたときは、体は柔らかくなったように感じるけれどサボるとすぐに硬くなってしまう・・・」

 

なぜ、ストレッチしても柔軟性は持続的しないのでしょうか。
なぜ、ストレッチした時は柔軟性が向上しているのに翌日には硬くなっているのでしょうか?


結論
からいうと、
ストレッチしていない時間に身体が硬くなっていると柔軟性は低下します


どういうこと?と思いますよね。
「股関節」を例に詳しく解説していきますね。

 

毎日30分ストレッチを欠かさずしていても、
ストレッチをしていない時間の方が長いですよね?
このストレッチしていない時間に股関節をあまり動かさなければ、股関節は硬くなります。

骨折などしてギプス固定をしたことがある人はわかると思いますが、
ずっと固定されてその部位を動かさなければ柔軟性は著しく低下していきます。

 


毎日ストレッチしていても、
ストレッチしていない時間にその部位を大きく動かすことが少なければ、
柔軟性は低下するということです。


なので、
毎日ストレッチしていても身体が柔らかくならない選手は、
ストレッチの頻度を見直してみてください。


毎日30分ストレッチしているなら、
3分のストレッチを10回実施するようにして
頻度を増やしてみてください。

頻度を徹底的に高めることが、柔軟性を高める上で必要になります。

 

 

では、
実際にどのようなストレッチを指導しているのかご紹介します。

1日10回もストレッチなんて無理だ・・・
と思いますよね?

この方法であれば、
チームの練習中にも実施できますので
10回というハードルはそう高くないです。

 

 

 

手順

  1. 足を7〜8割で広げる
  2. 手を地面につけて前後・左右に動かす
  3. 両手を地面から離して胸の前でタッチする

 

 

いかがでしたか?
 
「柔軟性」を高めるためには、
どんな方法でやるかも大切ですが、頻度を増やすことが必要になります。


股関節の柔軟性を高めたい選手は、是非取り入れてみてください。

 Lograrのトレーニングを本格的に導入したい選手は下記からお問合せください。

 

 

相良郁実