1対1の対人の強さを高める方法とは?

トレーニング

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。

今回は、
「1対1の守備の強さ」について解説していこうと思います。

この記事を読んでいるあなたも、1対1の守備力に課題を感じていたり、対人プレーの動きをどのように強化、改善していいか分からないと悩んでいるのではないでしょうか?

僕のトレーニングを受けに来る選手も、1対1の強さや動きに課題を感じているという選手はたくさんいます。

1対1の強さというのは、どのポジションの選手でも要求される能力の一つとされており、特に1対1の場面で抜かれない守備の強さというものは前線の選手にも必要な能力になっています。

「前線からのプレスをかけたときに簡単に抜かれてしまう・・・」
「1対1の場面で相手に逆をつかれて抜かれてしまう・・・」

ディフェンスの選手だけでなくサイドハーフやフォワードの選手からも、このような1対1の守備に関する相談やトレーニングの依頼を受けることが増えてきています。

 

1対1の守備力を高めるとなると、相手との距離や角度といったポジショニング、チーム戦術との噛み合わせというようなサッカーの専門的な影響を強く受けますが、今回は“身体の動き“に着目して守備力を高める方法を紹介していきます。

 

僕のところにくる選手の多くは、
「上半身が硬い」という問題を抱えています。

1対1の守備の局面でスピードが落ちてしまったり、相手に逆を取られて抜かれてしまう要因の一つに「首振りのスピードが間に合っていない」ということがあるのですが、僕のところに相談にくる選手は上半身の硬さが影響して、この首振りのスピードが遅くなっていることが多いです。

 

もう少し具体的に解説すると・・・

守備の場面では、身体の向き(胸の向いている方向)と目線の方向が異なるケースが多いです。半身のような体勢(足を前後に構える体勢)で対応しているときも身体の向きと目線の方向が一致していないですよね。

このような身体の向きと目線の方向にギャップが生じた際に、上半身の硬さがあると反応が遅くなったり、首振りのスピードが落ちてしまい相手のスピードについていけず突破されてしまうのです。

 

なので、上半身の可動域を広げて、首振りのスピードを高めることが1対1の守備の強さを強化していく上で必要になります。

 

どうすれば、首振りのスピードを高めることができるかというと・・・

身体の向きと同じ方向ではなく、身体の向きと逆方向に早く首を振れるようになることがポイントになります。

具体的には、身体の向きと目線の方向にギャップを作れるようになること(可動域を広げること)、ギャップが生まれても首振りが素早くできることが必要になりますので、今回は上半身の可動域を広げ、首振りのスピードを高めるトレーニングを紹介します。

 

 

この選手は、守備の時にボールウォッチャーになってしまい相手から簡単に突破されたり、マークを外されるという悩みがありました。

ですが、このような首振りのトレーニングを取り入れることで1対1の守備の場面で「相手に突破されることが少なくなった」とプレーレベルでの変化を感じております。

 

このように、1対1の守備力を高めるためには、純粋な足の速さだけではなく首振りのスピードを高めることが重要であり、そのためには上半身の可動域を広げておくことが必要になるということでした。

 

あなたが感じている守備の課題は、このような身体の動きが改善することで解決できるものであるかもしれません。

どれだけ良いポジショニングを取っていても身体の動きが固く、動きが遅ければ突破されるというケースは起こります。

 

1対1の守備力を高めたい、守備の動きを改善したいがどのようにすれば分からないと悩んでいる選手は、まず身体の動きを修正することから実践してみてください。

 

 

相良郁実

 

 

追伸

Lograr のトレーニングサポートでは、あなたが感じているプレーの課題や悩みに対してプレーの土台である身体の癖や身体の動かし方、使い方を分析することで効率的にその課題が解決できるようなサポートを実施しております。

ただひたすら繰り返すのではなく、専門知識を持ったトレーナーから的確なアドバイスを受けてトレーニングを積み重ねることで、あなたの抱えているプレーでの課題、お悩みを効率的に改善することができるようになります。

自分のプレーに課題や悩みはあるけれど、自己流のトレーニングではなかなか改善しない、専門家に直接指導を受けて「自分にとって最適なトレーニング方法を教えてもらいながら一緒に成長したい」という方はLograr のトレーニングが手助けになると思いますので是非一度トレーニングを受けに来てください。

トレーニングサポートのご依頼は下記からお問い合わせください。