“切り返しのキレ”を高めて、相手のマークを一瞬で外す方法とは?

トレーニング

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。


今回は、
「切り返し」について解説していこうと思います。

 

「切り返しが遅くて突破できない・・・」
「動きにキレがないので相手のマークを外すことができない・・・」

このような切り返しやキレに関する相談や依頼をよく受けます。

ラダーやステップワーク系のトレーニングを取り入れている選手でも、切り返しの動きに課題を感じている選手は少なくありません。

その一方で、足が速いわけでもない選手が切り返しの動きで相手選手のマークを外したり、切り返しの動きを利用してドリブル突破していたりします。

 

この切り返しの動きの違いは何なのかというと、キレのある動き(=予測しづらい動き)になっているかどうかというところです。

 

「キレのある動き」ってどういうことかというと・・・

切り返しをする時の単的なスピードではなく、
「相手から予測できない」「相手の予測スピードを上回る」動きのことです。

サッカーのような対人競技あれば相手の予測をどれだけ上回ることができるかが鍵になります。相手の予測通りの範囲内では自分の思うようなプレーはできませんよね。

相手の予測の範囲内だと、切り返しの動きが読まれてボールがとられてしまったり、仕掛けようとしても突破できなかったり、相手の思い通りの展開になってしまいます。

 

なので、相手が予測しづらいような身体の動かし方や、相手の予測を上回るようなキレのある動きを身につけることが必要になります。

 

どうすれば、切り返しの場面で相手の予測を上回るような動きを実現できるかというと・・・

地面からの反発を効率的にもらうということがポイントになります。

 

切り返しの場面では、地面を蹴って動くという動作が必要になるのですが、その際に地面を強く蹴るように意識すると動作が大きくなってしまって相手から予測されやすい動きになってしまいます。

地面から反発を効率的にもらえるようになれば、小さい動作や少ない力でも素早い切り返しができるようになり相手の予測を上回る動き(キレのある切り返し)ができるようになります。

 

小さい動作や少ない力でキレのある切り返しができるようになれば、今よりも楽に相手のマークを外せるようになるだけでなく、足にかかる負担も軽減されるので試合後の疲労感も少なくなります。

 

 

なので、今回は地面から効率的に反発をもらえるようになるトレーニングを紹介します。

 

 

この動きは、足関節と股関節の連動性を高めるトレーニングです。 

足首と股関節の連動性を高めることによって、足のグリップ機能が高まるだけでなく地面の反発がもらいやすくなるので切り返しスピードが向上しキレのある動きにつながります。

 

このように、切り返しのスピードを高めて相手のマークを剥がすためには、相手の予測を上回るようなキレのある動きを身につけることが必要であり、そのためには地面から効率的に反発をもらうということが重要になるということです。

 

切り返しのキレを高めて相手のマークを一瞬で外せるようになりたい選手は、実践してみてください。

 

 

相良郁実

 

 

追伸

Lograr のトレーニングサポートでは、あなたが感じているプレーの課題や悩みに対してプレーの土台である身体の癖や身体の動かし方、使い方を分析することで効率的にその課題が解決できるようなサポートを実施しております。

ただひたすら繰り返すのではなく、専門知識を持ったトレーナーから的確なアドバイスを受けてトレーニングを積み重ねることで、あなたの抱えているプレーでの課題、お悩みを効率的に改善することができるようになります。

自分のプレーに課題や悩みはあるけれど、自己流のトレーニングではなかなか改善しない、専門家に直接指導を受けて「自分にとって最適なトレーニング方法を教えてもらいながら一緒に成長したい」という方はLograr のトレーニングが手助けになると思いますので是非一度トレーニングを受けに来てください。

トレーニングサポートのご依頼は下記からお問い合わせください。