小柄な選手が“力強いシュート”を実現させる方法とは?

トレーニング

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。

 

今日はですね、
シュートについて解説していこうと思います。
小柄な選手がキックやシュートのパワー(威力)を高める方法ですね。

 

「シュートのパワーを高めたい」
「強いシュートを蹴ろうとすると力んでしまう・・・」

こういった相談を受けることがあるのですが、
シュートのパワーを高めたいと考えている選手の話をじっくり聞いてみると“筋力”を高めることばかりを追求していたりするんですよね。

 

シュート力を高めたいのであれば、
「太腿の筋肉を鍛えなさい!」という指導を受けた経験がある選手も多いのではないでしょうか?

 

僕もこのような指導を受けてきましたが、
選手が筋力を高めることばかり追求することには、筋肉を鍛える以外の方法でシュートのパワーを高める方法を知らないという背景が大きく関係していると思います。

 

シュートのパワーを高めるために筋力を高めることが必要になるのですが、筋力トレーニング以外にもパワーを高める方法があるので今回はその具体的な方法をご紹介します。

 

 

 

では、早速説明していきますね。

 

僕のところに相談にくる選手でシュートのパワーを高めたいと考えている選手の多くは、みぞおちが固い」という問題を抱えています。

 

この「みぞおちの固さ」がどのように影響するかというと、

上半身の力を下半身にうまく伝えることができなくなり、効率よくボールに力を伝えられなくなるという問題を引き起こします。

 

 

「シュートのパワーにみぞおちが関係あるの?」という方も多いと思いますので、
まずはここから説明していきますね。

 

シュートというと、
足の振りや足の動きに注目されますが、
腕振りや背骨のしなり、重心移動といった「上半身の動き」を伴うことで効率的にボールに力を伝えているのです。

 

この上半身の力を下半身に伝えるときにキーポイントとなるのが「みぞおち」になるわけです。

 

なぜなら、みぞおちには背骨と下半身をつなぐ大腰筋という筋肉が付着しており、上半身で生み出したパワーを下半身に伝えるという重要な役割を担っているのです。

 

この大腰筋を適切に働かせることが、キックやシュートのパワー発揮おいて重要になっているのですが、みぞおちの動きが固いと筋肉が適切に働くことができなくなり、シュートのパワーが低下してしまうというわけです。

 

このような理由から、

シュートのパワーを高めたいという選手には、
太腿の筋肉を鍛えるだけでなく“みぞおち”の動きを引き出すことが必要になります。

 

なので、今回はみぞおちの動きを引き出すトレーニングをご紹介します。

 

みぞおちの動きを引き出すことによって、大腰筋が適切に働くようになり上半身のパワーが下半身にロスなく伝わり、今までよりも“楽に”大きな力が発揮できるようになり、強力なシュートを実現させることができます。

 

 

シュートのパワーを高めたいという選手は、動画を見ながら一緒にやってみてください。