競合いでバランスを崩さず“自分のイメージ通りのプレー”を発揮する方法。

トレーニング

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。

 

 今日はですね、
競合いのときに重要となる身体の使い方について解説していきます。
バランスを崩さず競合いで優位にプレーする方法ですね。

 

「体格差で相手に競り勝てないシーンが多い・・・」
「背後からのタックルを受けた際にバランスを崩してしまう・・・」

このように競合いの場面でバランスを崩し、自分の思うようなプレーができていないことに悩みを抱えている選手は多いです。僕のところにも、競合いの場面に課題を感じていてトレーニングを依頼する選手は増えてきています。

 

僕のところにくる選手で競合いの時にバランスを崩す要因に、「体幹部分の動きが固まっている」という問題があります。

 

体幹部分を固める方が競合いでは有利に働くのでは?と考える選手もいると思いますが、上半身を固めすぎることによって相手から競り負けやすいような状態になっている選手が実は多いんですよね。

 

なぜ競り負けやすくなるかというと、
相手から力をもらいやすい状態になってしまうという理由があります。

 

例えば、
「壁」と「カーテン」であればどちらの方がより強い力を伝えられますか?

前者の方が力を伝えやすいですよね。

壁に対しては力を伝えることは可能ですが、カーテンのような捉え所のないものには力を伝えることは難しく、いわゆる「暖簾に腕押し」というような状態になります。

 

上半身を固めることは、壁のように「相手からの力が伝わりやすい状態」をつくっているというようにも捉えられるということです。

 

自分の方が相手よりもパワーで優っている場合は競合いでも優位にプレーできますが、
相手の方がパワーがあったり、力を発揮しやすい状態であれば当然競り負けやすくなってしまいますよね。

 

 

こういった理由から、
上半身を固めるだけでなく、他の動きを身につけるということが必要になるということです。

 

具体的には、

「体幹部分を多方向に動かす」という動きを身につけることが重要になります。

 

 

なので、今回は体幹部分の動きを引き出すトレーニングをご紹介します。

 

競合いの場面で負けてしまうという選手は動画を見ながら一緒にやってみてください。