相手が予測できない“仕掛け”を実現する身体の使い方とは?

トレーニング

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。

 

今日はですね、
1対1での突破力を高める方法について解説していこうと思います。

 

突破力を高める方法については過去の記事でも何度か紹介しているのですが、今回は「相手のタイミングを外す」「ダッシュの一歩目を速くする」というような観点で必要な身体の使い方について説明しようと思います。

 

「相手を振り切ることができない・・・」
「仕掛けるときの一歩のスピードが遅く突破できない・・・」

 

こういう悩みを抱えている選手も多いわけですが、このような選手には共通して、相手に動きが読まれているという問題があります。

 

相手に動きが読まれているということは、次の動きが相手に予測されてしまっているので自分のタイミングで仕掛けていても突破できる可能性が著しく低下してしまいます。

 

では、動きが読まれている要因は何かというと「身体の力み」です。

 

力んでいるということは必要以上に筋肉に力が入っている状態を指すのですが、これが仕掛けのときにどのような影響を与えるのかというと・・・

 

素早く身体を動かしたり、動きの方向を変えるような仕掛けの場面では、リラックスした構えから素早く動き出すことで急激なスピードを発揮することができます。

この動きを発揮するためには、動き出す前の構えの段階で無駄な力みを排除することが前提になるのです。

 

要するに、構えの段階で不要な緊張が入っていると、動き出そうとする瞬間に「力を抜く」ことが必要になるので、仕掛けるときに手間がかかってしまうということです。

 

仕掛けるタイミングで手間がかかってしまうと、当然相手からすれば予測しやすいので自分の動きが読まれてしまいます。

 

 

 

こういった理由から、相手の予測できないようなタイミングで動き出すためには身体の緊張を排除しリラックスした状態を整えることが必要となります。

 

 

なので、今回はリラックスした姿勢や構えをつくるトレーニングをご紹介します。

 

 

 

この動きは、
立っている状態からしゃがみこむという単純な動作なのですが・・・

背骨や股関節の柔軟性とバランスの両立が必要になるのでサッカー選手にはとても重要なトレーニングになります。

 

この立っているときに、リラックスする姿勢を獲得するためには幾つかのポイントがありますのでご紹介します。

 

立っている姿勢でリラックスできる状態を整えるためには、

  1. くるぶしのラインに重心をおくようにすること
  2. その真上に頭が来るように位置を修正すること
  3. 視線は、どこかに焦点を合わせるのではなく、ぼんやりとしておくこと

 

このように普段何気なく立っている姿勢や、構えを修正した状態で上下の重心移動を利用して「リラックスして立つ」「最小限の力で上下動する」という動きを身につけることで、無駄な力みが排除され相手に予測されにくい構えの状態がつくれます。

 

相手のタイミングを外し、一歩目のスピードを速くするためには、構えの状態でどれだけリラックスできているかが鍵になります。

 

 

突破力を高めたい選手は是非取り入れてみてください。

 

 

 

相良郁実