相手のマークを一瞬で振り切るために必要なコトとは?

トレーニング

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。

今日はですね、
相手選手を振り切る方法ついて解説していこうと思います。

「なかなか相手選手を振り切ることができない・・・」
「相手のマークを振り切れずインターセプトされてしまう・・・」

という相談をよく受けます。

 

相手を振り切る方法はいくつかあるのですが、
僕の所に相談にくる選手で、相手を振り切ることができない選手の多くが、「ターンの動きが遅い」という問題を抱えています。

 

切り返しやターンのスピードが遅くなることで、相手選手から追いつかれてしまい相手にボールを奪われたり、不利な体勢でボールを受けざる得ない状況に陥ってしまうケースが多いんですよね。

 

なぜ相手を振り切るためにターンのスピードを高めることが必要かというと、ターン速度を向上させることで相手より先に進行方向に進むことができるからです。進行方向に相手よりも先に進むことができれば自ずと相手を振り切ることが可能となります。

 

では、どのようにターンの速度を高めていくのかを解説していきます。

 

切り返しのスピードを高めるためにどのような能力が必要かというと、自分の身体の重心を正確に感知しコントロールする能力が必要になります。

 

ターンが遅い選手のほとんどが自分の重心をうまく感知できておらず、身体を大きく動かしてしまいターンの動作時に無駄な動きを誘発し、そのせいでスピードのロスが起きてしまっているんですよね。

 

どういうことかというと、
身体を右方向に切り返すには、素早く右方向に重心を移動させることができればいいのですがそれがうまくできないケースが多いのです。進行方向と逆側の左足で地面を蹴ることで右方向に身体を動かすことができるのですが、その際に重心を左側に移動させ過ぎてしまったり、重心を落とし過ぎてしまい結果的に右方向へ重心を運ぶスピードが低下してしまっているのです。

 

このようなターン速度のロスを防ぐ為にも、身体の重心を感知しコントロールする能力を高めることで、ターンや切り返しの際も自分の重心をより素早く動かせるようになり、今よりもスムーズなターンが可能となります。

 

なので、今回は身体の重心を感知するためのトレーニングをご紹介します。

 

 

このトレーニングは、

自分の身体の重心を感知しつつコントロールするもので、身体の重心をより素早く進みたい方向に動かすための土台となります。

 

 

 

このトレーニングは、

重心を素早く動かした方向により速く脚を引きつけるトレーニングです。

どれだけ素早く身体を切り返すことができても、そこに足が連動してついてこなければ相手を振り切ることができないので、このような連動性を高めることも相手を振り切るためには必要になります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

相手を振り切るためには鋭いターンが有効であり、そのためには自分の身体の重心を正確に感知しコントロールすることが必要だということです。

 

身体がガチガチの選手は身体のセンサーが働きにくいのでうまくできないことが多いですが、このように重心を正確に感知し身体のコントロールができるようになることで、鋭いターンができる身体機能を獲得することができます。

 

 

相手を振り切る鋭いターンを獲得したい選手は取り入れてみてください。

 

 

相良郁実