1対1の守備で突破されないために必要なトレーニングとは?

トレーニング

 

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。

 

今日はですね、
1対1の守備について解説していこうと思います。
ディフェンダーの重心移動のスピードを速くする方法ですね。

 

「相手に逆をつかれ突破されてしまう・・・」
「競合いに自信はあるが1対1のスピードには不安がある・・・」

このような相談をよく受けるので、ディフェンダーの重心移動を速くするためにはどうすればいいのか?というとこらから説明していきます。

 

まず、1対1の守備で相手に突破されないためには、相手に合わせて素早く身体を動かすことが必要となります。

なので、相手の動きに反応して動く「リアクショントレーニング」というものを取り入れることが重要なのですが・・・

そもそも、自分の身体を素早く移動させることができないと効果的なリアクショントレーニングはできないんですよね。

このような理由から、まずは自分の身体を素早く動かすためのトレーニングを取り入れることが必要となります。

 

どうやって自分の身体を素早く動かすかというと、
各関節をスムーズに動かすことがポイントになります。

守備では相手の動きに反応して動く必要があるのですが、関節が硬くぎこちない動きになってしまうと、身体にブレーキがかかってしまい素早く身体を動かすことが難しくなります。そうなると、相手の動きに反応ができていたとしてもスピードがうまく発揮できず相手についていけないという結果になってしまいます。

 

では、身体のどの部分をスムーズに動かす必要があるのかというと、身体の中心に位置する「股関節」をスムーズに動かすことが重要となります。

僕のところに相談に来る選手の多くが、この股関節の動きが硬いことでスムーズな身体の動きができず結果的に重心移動が遅くなってしまっているんですよね。

 

具体的には、
守備の切り返し動作や相手に反応して動き出すときに無駄な動きを誘発してしまい、そのせいでスピードのロスが起きているということです。

 

このようなスピードのロスを防ぐ為にも、股関節を様々な方向に動かし関節の動きを滑らかにすることで、身体をより素早く動かせるようになり、今よりもスムーズな重心移動ができるようになります。

 

なので、今回は股関節をスムーズに動かすトレーニングをご紹介します。

 

View this post on Instagram

伸脚トレーニング。  伸脚ができない選手も多いですが、柔軟性だけでなく「重心操作」「重心コントロール」「バランス能力」など様々な能力を同時にトレーニングできます。  同時に複数のタスクを要求できるので、サッカー選手のトレーニングとして有効です。   ▽ HPアクセスはプロフィール画面から。 @ikumi.sagara   ▽ 出張予定 3.9(月)東京出張 残り3枠  #Lograr #Lograrパーソナルトレーニングサロン #サッカー #サッカートレーニング #アスリート #アスリートトレーニング #トレーニーング #柔軟性 #股関節 #肩甲骨 #体幹 #体幹トレーニング #フィジカル #フィジカルトレーニング #パフォーマンスアップ #ムーブメント #ムーブメントトレーニング #パーソナルトレーニング #ワークアウト #大阪 #四ツ橋 #堀江 #相良郁実 

A post shared by 相良 郁実 (@ikumi.sagara) on

 

この伸脚トレーニングって意外とできない選手が多いのですが・・・

股関節の左右の動きをスムーズに引き出すことができるだけでなく、上半身を起こすことでバランスと同時に柔軟性を発揮することにもつながるので重心移動を速くしたい選手には有効なトレーニングとなります。

 

股関節が硬い選手はうまくできないことが多いですが、このような柔軟性を身につけ、スムーズな動きができるようになることで、自分の身体を素早く動かすことができる身体機能を獲得することができます。

 

 

重心移動のスピードを高めたい選手は取り入れてみてください。

 

 

相良郁実