1対1の局面で逆をとられてしまう意外な原因とは?

トレーニング

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。  

今回は、1対1の局面で逆を取られてしまう原因について解説していこうと思います。  

 

1対1の局面で逆をとられてしまう原因はたくさんあるのですが、

実際に僕のところに相談に来た選手は、 あることが原因で1対1の局面で逆を取られていました。

その原因は、「肩の力み」です。

「肩の力み」と「守備で逆を取られる」というのが、どのように関係していたかというと、肩に力みが生じることで身体の動きにブレーキがかかり、動き出しのスピードが遅くなっていたのです。

身体が力んでいる状態では、動きがぎこちなくなりますよね。

身体の動きがぎこちない状態では、 動きにロスが生まれるので、思うようなタイミングで動けず逆を取られてしまうのです。  

 

ただ、肩に力が入っているな、力んでいるなと実感していても、なかなか改善方法が見つからないという選手も多いです。

肩に力が入っているときに「リラックスして!」と指導された経験がある選手はわかると思いますが、選手の立場から言うと「リラックスできる方法を教えてくれよ!」と思いますよね。

 

なので、どうすれば肩の力みが解消されるか説明していきます。

肩が力みやすい選手は、「肩甲骨の動きが硬い」ことで結果的に肩に力が入ってしまっていることが非常に多いのです。

なので、肩の力みを改善するためには肩甲骨の動きがしっかり引き出せるようなトレーニングを積んでいくことが必要となるので、肩甲骨の動きを引き出し、肩の力みを解消するトレーニングの一例をご紹介します。  

トレーニング方法は、「テニスボールを握って動く」だけです。    

え、テニスボールを握るだけ?と思いますよね。

実は、これが結構効果があるんですよね。
もちろんこれだけで改善しないケースもありますが有効な手段なので詳しく説明します。

テニスボールを握る理由は、 「手首の緊張を緩めるため」です。

どういうことかというと、 人間の身体には関節の緩む角度というものが存在するのですが、手首が最も力が抜ける角度はテニスボールを軽く握った位置と言われています。  

要するに、テニスボールを握ることで、手先や手首の緊張が抜けるということです。    

なぜ手首の緊張を緩める必要があるのかというと、 肩が力みやすい選手は、無意識のうちに手に力が入り手を強く握っている選手が多いからです。

手先や手首が必要以上に力むことで、腕を介してその力みが肩甲骨まで伝わり、肩甲骨の動きが制限され肩の力みを生み出すケースが多いんですよね。

 
なので、手の指や手首を緩める必要があるのです。    

 

では、具体的にどのように活用するかというと、「肩に力が入ってしまう・・・」という自覚のある動きを練習段階からテニスボールを軽く握った状態で実施するだけです。

 

テニスボールを軽く握った状態でトレーニングしていくことで、手首の緊張が緩み肩甲骨の動きを引き出しやすくなり肩の力みが徐々に改善されていきます。  

また、手首の緊張が抜けることで、腕と体幹部分の連動性も高まり腕振りの推進力が高まるので動き出しのスピードも向上し、1対1の局面での守備でも逆を取られにくくなります。  

 

実際にサポートしている選手も、

『肩の力が抜ける感覚がわかり、上半身がリラックスしているので余裕を持って守備で対応できるようになった。』ということを口にしていました。

 

このように肩の力みを改善することで、1対1の守備での対応力が変わることもあるので、守備の対人プレーで課題を感じている選手は試してみてください。

 

 

相良郁実