「試合終盤に足が動かなくなる」という悩みを解消するために必要なトレーニングとは?

トレーニング

こんにちは。 
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。

今日はですね、
サッカー選手の「足の疲労」について解説していこうと思います。
 試合後半になっても動き続けるために必要なトレーニングの方法ですね。 

試合後半になると足が止まってしまう・・・
まだ体力はあるのに足に疲労が溜まって動きが遅くなる・・・

このような相談を受けることがあります。


足に疲労が溜まる原因はさまざまですが・・・

上半身の動きが硬くなっていることが要因で、
足に疲労を溜めてしまっている選手が実は多いんですよね。


なぜ上半身が硬くなると 足の疲労を溜めるのかについて簡単に解説すると・・・  

・足だけを使って走る選手と、
・上半身の腕振りや、体重移動をうまく利用して走る選手

どちらが足に疲労がたまりそうですか?
足だけを使って走る選手の方が疲れやすそうではないですか?


もちろん、
走っている時は腕振りや体重移動は誰しもが無意識にしていることですが、
上半身が硬いと腕振りや体重移動などの上半身で生み出した力が下半身にうまく伝えられなくなるんですよね。


なので、
足の疲労を軽減させるためには、 下半身にうまく力を伝えられるように上半身の柔軟性を高めることが必要だということです。  

上半身の柔軟性が向上することで、
キックやダッシュなどの足を使った動きが、
今までよりも“楽に”できるようになるということですね。

 

今までよりも、
“楽な動き”で大きな力が発揮できるようになれば、足にかかる負担が減り、疲労もたまりにくい状態になります。  

 

では、どのようなトレーニングが有効なのか?気になりますよね。

今回はサッカーボールを利用したトレーニングの方法を3つご紹介します。    

 

View this post on Instagram

ミニボールを使った「身体リフレッシュ」  胸の骨の後ろ側(背中の上側)にミニボールを置いて上向きで寝るだけストレッチ。ミニボールがない場合はバスタオルを丸めて代用できます。  「胸が痛む」「胸が躍る」「胸がつまる」という言葉があるよように『胸』は心身のストレスや疲労で硬くなります。普段も身体を丸めることに比べて胸を張ることは少ないので伸ばすことで身体が楽になります。 特にこのような期間は、外に出ることも少なく、気分も晴れず、姿勢も丸くなりやすいのでお勧めです。   ▽ こんな人にお勧め  ◻︎猫背が気になる人 ◻︎自宅にいる時間が長い人 ◻︎座っている時間が長い人 ◻︎身体がだる重い人   ▽ いつやればいい?  ◻︎仕事の合間/後 ◻︎勉強の合間/後 ◻︎ゲームの合間/後 ◻︎YouTubeの合間/後   ▽ HPアクセスはプロフィール画面から。 @ikumi.sagara    #stayhome #おうち時間 #おうちストレッチ #Lograr #Lograrパーソナルトレーニングサロン #サッカー #サッカートレーニング #アスリート #アスリートトレーニング #トレーニーング #柔軟性 #股関節 #肩甲骨 #体幹 #体幹トレーニング #フィジカル #フィジカルトレーニング #パフォーマンスアップ #ムーブメント #ムーブメントトレーニング #パーソナルトレーニング #ワークアウト #大阪 #四ツ橋 #堀江 #相良郁実  

A post shared by 相良 郁実 (@ikumi.sagara) on

View this post on Instagram

ボールを使った「身体ほぐし」  サッカーボールを使って上半身の柔軟性を高めるトレーニング。ボールを利用して「胸の動き」を引き出していく。  サッカーの上半身の動きや疲労回復にも関与する「脇」の硬さも取れやすいので自宅トレーニングにお勧めです。   ▽ HPアクセスはプロフィール画面から。 @ikumi.sagara    #stayhome #おうちトレーニング #おうちジム #Lograr #Lograrパーソナルトレーニングサロン #サッカー #サッカートレーニング #アスリート #アスリートトレーニング #トレーニーング #柔軟性 #股関節 #肩甲骨 #体幹 #体幹トレーニング #フィジカル #フィジカルトレーニング #パフォーマンスアップ #ムーブメント #ムーブメントトレーニング #パーソナルトレーニング #ワークアウト #大阪 #四ツ橋 #堀江 #相良郁実  

A post shared by 相良 郁実 (@ikumi.sagara) on

View this post on Instagram

ボールを使った「柔軟性トレーニング」  ボールを両脚で挟んだ状態で、上半身の柔軟性を引き出していくトレーニング。  上半身の動きが硬くなると、 サッカーの切り返しや方向転換、動き出しなどの動きを遅くする要因にもなるのでサッカー選手お勧めです。   ▽ HPアクセスはプロフィール画面から。 @ikumi.sagara    #stayhome #おうち時間 #おうちトレーニング #相良郁実 #相良オンライン #Lograr #Lograrパーソナルトレーニングサロン #サッカー #サッカートレーニング #アスリート #アスリートトレーニング #トレーニーング #柔軟性 #股関節 #肩甲骨 #体幹 #体幹トレーニング #フィジカル #フィジカルトレーニング #パフォーマンスアップ #ムーブメント #ムーブメントトレーニング #パーソナルトレーニング #ワークアウト #大阪 #四ツ橋 #堀江

A post shared by 相良 郁実 (@ikumi.sagara) on

いかがでしたか?

上半身の柔軟性を高めることで、
足の負担が減り、疲労がたまりにくい身体を獲得することができます。

 

自宅でできるトレーニングなので是非取り入れてみてください。  

 

相良郁実