サッカーのドリブル突破能力を高めるトレーニングとは?

トレーニング

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。

  • 「抜ける!」と思ったのにドリブル突破できなかった・・・
  • 1対1の局面でこの選手を抜き去ることができればチャンスだったのに・・・

という経験はありませんか?


足元の技術は高いのに、試合でドリブル突破がうまくできず悩んでいる選手は少なくないです。

この記事を読んでいるあなたもこのような悩みを抱えているのではないでしょうか?

今回は、サッカーのドリブル突破能力を高めるトレーニングをご紹介します。

  • ドリブル突破力を身につけたい
  • ドリブル突破できるエリアをさらに広げたい


そんな選手は是非読み進めてください。

 

サッカーにおいて、局面を打開できる選手は貴重な存在になります。

その局面を打開する代表的なプレーの一つが、ドリブル突破です。

ドリブル突破できるようになるために、「テクニックを身につけましょう、足元の技術を身につけましょう」と言われた経験があるのではないでしょうか。

もちろん足元の技術は必要ですが、それだけで誰でもドリブル突破がうまくできるようになる訳ではありません。

足元の技術が高くなったもののドリブル突破がなかなかできないという選手は、ドリブル突破に必要な身体の動きが同時に発揮できていないことが多いのです。

ドリブル突破に必要な動きは、

  • ボールコントロール技術
  • フェイントを仕掛けるタイミング
  • 相手を抜き去る初速のスピード
  • 相手を抜き去る加速スピード
  • 体勢を崩さないボディバランス



などなど。

挙げれば他にもたくさんの要素が含まれます。

どれだけ足元の技術が高くても、その技術を発揮しようとしたときに身体に力が入り過ぎて身体の動きが硬くなり、動作が遅くなると試合では発揮できない技術になってしまいます。



要するに、ドリブル突破では足元の技術(テクニック)とその土台となる身体の動かし方や身体の使い方といった「動き質」も重要になるということです。

 

どのような身体の動かし方や身体の使い方がが重要になるかというと、

「しなやかな上半身の動き」「複数の要素を同時に発揮する身体能力」が必要になります。

 

しなやかな上半身の動きは、

  • 狭いエリアでのドリブル突破
  • 相手を抜き去るときの身体を入れる動き

などの場面において非常に有効な動きとなります。

 

このような上半身の動きを実現させるためには、上半身の中でも胸周りの柔軟性がキーポイントとなります。

胸周りの柔軟性がキーポイントと聞いても、良く分からないと思いますのでトレーニングの一例をご紹介します。

 

この動きは、胸周りを大きく動かすことを目的にしたトレーニングです。

胸を大きく優先しますが、ドリブル突破の動きにつなげるためには「目線」「へその位置」を真正面に向けた状態で胸周りの柔軟性を高めることがポイントになります。

突破するときに上半身が動くことも大切ですが、目線が正面を向けることでスピードを落とすことなく相手の前に身体を入れる動きにつながります。

 

このトレーニングを、片足立ちや、片足をボール踏んで行うことでバランス能力との同時発揮能力が高まり、「複数の要素を同時に実現できる身体能力」の向上も期待できます。

複数の要素を同時に発揮できることで、スピードを落とさずボールコントロールができたり、アンバランスの状態でのしなやかな動きにつながるため局面を打開するドリブル突破能力に大きく影響を与えます。

このように、サッカーとは一見関係のないように見えるトレーニングが、実はサッカーの技術発揮の土台部分を構成する一部分になっていたりします。

 

ドリブル突破が苦手と悩んでいたり、もっとドリブル突破力を磨きたいという選手は、足元の技術だけでなく身体の動きに目を向けてトレーニングすることが重要となるので、是非取り入れてみてください。

 

相良郁実

追伸

Lograr のトレーニングサポートでは、あなたが感じているプレーの課題や悩みに対してプレーの土台である身体の癖や身体の動かし方、使い方を分析することで効率的にその課題が解決できるようなサポートを実施しております。

「自分にとって最適なトレーニング方法を教えてもらいながら一緒に成長したい」という方はLograr のトレーニングが手助けになると思いますので是非一度トレーニングを受けに来てください。

トレーニングサポートのご依頼は下記からお問い合わせください。