サッカー選手の”怪我しない身体”を手に入れる自宅トレーニング(股関節編)

トレーニング

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。

今日はですね、
「おうちトレーニング」のご紹介をさせていただきます。
自宅でできるサッカー選手の股関節の柔軟性を高めるトレーニング方法ですね。


僕のところにも、

「柔軟性を高める方法を教えてください」
「股関節が柔らかくなるストレッチを教えてください」

このような相談をいただきます。

 

ストレッチやトレーニングは種類が沢山あるのですが・・・

 

今回は、

サッカー選手の課題でもある股関節の柔軟性を
高めることができるトレーニングをいくつかご紹介します。

 

 

サッカー選手が柔軟性を高める具体的なメリット

身体が硬いサッカー選手が、
柔軟性を高めることで得られるメリットは大きく3つです。

  1. プレーの選択肢が増える
  2. しなやかな動きの土台になる
  3. 怪我の発生を防ぐ

 

柔軟性は、
動き出し、方向転換、パワー発揮、フィジカルコンタクトなど様々な動きの土台となる部分でありそれらをより高度な動きに高めていく際の根底部分となります。

 

柔軟性を高めることで得られる具体的なメリットについて詳しくはこちら

 

股関節が硬いと切り返しが遅くなる?
切り返しスピードを身につけるためのトレーニング方法とは。

 

「足を速くしたい!」と言うと、

一般的には、
筋力を高めることや、ラダーのように素早く足を動かすことが必要だと言われていますが、
そもそもの柔軟性が不足していることが多いのです。

要するに、
サッカー選手の切り返しスピードを高めるためには
「股関節の硬さ」を改善することが第一ステップとなります。

 

切り返しスピードを高めるトレーニング

View this post on Instagram

インナーローテーション。  サッカー選手に必要な中心部分の動きを引き出すトレーニング。末端を固定することで中心部分の動きを引き出すことができます。  方向転換や動き出しのスピード高めるためにも、中心部分の柔軟性は最低限必要な要素です。  ▽ 出張予定 12.9 (月) 東京出張 キャンセル待ち  ▽ HPアクセスはプロフィール画面から。 @ikumi.sagara   #伸びしろに気づく #できない動きを知る #新たな可能性に触れる #サッカー #フットサル #トレーニング #フィジカル #柔軟性 #連動性 #伸び代 #サッカートレーニング #大阪 #四ツ橋 #南堀江 #背骨 #肩甲骨 #股関節 #Lograr #Lograrパーソナルトレーニングサロン

A post shared by 相良 郁実 (@ikumi.sagara) on

 

 

怪我を繰り返している身体の硬いサッカー選手が、実施すべきストレッチの方法とは?

 

柔軟性を高めるストレッチの方法は沢山あるのですが・・・
身体が硬い選手に覚えていてほしいことがあります。

それは、
「ストレッチは頻度が重要だ」ということです。

 

身体の硬さを自覚している選手も、
どのようなストレッチやトレーニングをすればいいのか、
どのタイミングで、どれくらいの時間実施すればいいのか

といった
具体的な方法がわからないという選手も多いと思いますので、
僕がサポートしている選手にお伝えしているストレッチをご紹介します。

 

 

 

いかがでしたか?

 

今回は2つのトレーニングをご紹介しました。

股関節の柔軟性を高めることは、
怪我を予防するだけでなく、
切り返しスピードや方向転換のスピードを高めるためにも非常に有効です。

 

この期間を利用して、
股関節の柔軟性を高めたい選手は是非取り入れてみてください。

 

 

相良郁実