「試合になると実力を発揮できない・・・」と悩むサッカー選手に必要なトレーニングとは?

トレーニング

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。


今日はですね、
試合で高いパフォーマンスを発揮する方法について解説していこうと思います。

 

「身体能力はチームでもトップクラスだけど、いまいちその能力を活かしきれていない・・・」
「サッカーの試合になると走るスピードが遅くなる…」
「もっと身体の動きが良くなればサッカーの試合で活躍できるのに…」


このような悩みをもっている選手、保護者の方は多いのではないでしょうか?

ジュニア世代やジュニアユース世代で体格や身体能力を武器に活躍していた選手も、カテゴリーレベルが変わるとそれだけでは通用しなくなるというケースが非常に多いのです。


身体能力は高いのに・・・
現状のカテゴリーでは通用はしているけど限界がある・・・

と感じている選手は是非読み進めてください。

 

 

身体能力の高さをサッカーに活かせない理由は、
いくつかあるのですが・・・

 

僕のところに来る選手の多くは、
「同時発揮能力」が不足しているという問題があります。

 

同時発揮能力って何?と思いますよね。
詳しく解説していきます。

 

サッカーでは、柔軟性や筋力だけを発揮するシーンはありませんよね?

常に何か他のことと同時に、筋力や柔軟性を発揮することになります。

例えば、

  • ボールコントロールしながら
  • 周囲の状況を認識しながら
  • 相手のプレッシャーを受けている状態でも
  • チーム戦術のなかで


様々な状況の中で自分自身の能力を同時に発揮しなければいけません。

 

このように、
サッカーの試合で身体能力を活かす、発揮するという視点では同時発揮能力を高めることが必要になります。
では、
どのようなトレーニングを実施すれば「同時発揮能力」が高まるのかご紹介します。

 

tr42 abrest
 
上半身の柔軟性を引き出すようなトレーニングも、

バランス能力と同時に発揮することができるかというように様々な要素を掛け合わせていきます。

このように
様々な条件・要素を組み合わせていくことで『同時発揮能力』を高めることができます。

 

「試合になると実力を発揮できない・・・」
と悩むサッカー選手は是非取り入れてみてください。

 

 

相良郁実

 
 
Lograrのトレーニングサポートの依頼は下記から。