「試合になると実力を発揮できない・・・」と悩むサッカー選手に必要なトレーニングとは?

トレーニング

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。


今回は、試合で高いパフォーマンスを発揮する方法について解説していこうと思います。

 

  • 身体能力はチームでもトップクラスだけど、いまいちその能力を活かしきれていない・・・
  • サッカーの試合になると走るスピードが遅くなる…
  • もっと身体の動きが良くなればサッカーの試合で活躍できるのに…

このような悩みをもっている選手は多いのではないでしょうか?

高校生世代で体格や身体能力を武器に活躍していた選手も、カテゴリーレベルが変わるとそれだけでは通用しなくなるというケースが非常に多いのです。

 

  • 身体能力は高いのに・・・
  • 現状のカテゴリーでは通用はしているけど限界がある・・・

    と感じている選手は是非読み進めてください。

 

 

身体能力の高さをサッカーに活かしきれていない原因はいくつかあるのですが・・・

僕のところに来る選手の多くは、「試合中に身体能力を発揮できる能力が伴っていない」という問題を抱えています。

 

身体能力というのは、スピードやパワー、筋力、柔軟性などさまざまありますが、実際の試合ではスピードやパワーを単体で発揮するようなシーンはありません。

試合では、常に何か他のことと同時にスピードやパワーを発揮することが要求されています。


例えば、

  • ボールコントロールしながら
  • 周囲の状況を認識しながら
  • 相手のプレッシャーを受けている状態でも
  • チーム戦術のなかで


というような様々な状況の中で、自分自身の能力を同時に発揮しなければいけません。

試合で身体能力を発揮するためには、「複数のことを同時に発揮できる能力」が必要になります。

複数のことを同時にできない状態では、いくらスピードやパワーがあっても試合中にその能力が最大限発揮することが難しくなります。

なので、自分の持っている能力を最大限引き出すためにも、『同時発揮』という視点は重要になります。

 

では、どのようなトレーニングを実施すれば「複数のことを同時に発揮できる能力」が高まるのかご紹介します。

 

tr42 abrest
 
 
上半身の柔軟性を高めるトレーニングも、体勢を保つことが難しいポジションで実施することで同時に発揮する能力、いわゆるサッカーに活かせる身体能力を高めることができます。
 
このような能力の掛け合わせるためには、最低限の柔軟性が必要であり、動きの幅がある程度確保されているからこそ同時に複数のことを発揮できるようになるのです。
 
 
 

「自分の力が最大限発揮できていない・・・」と悩むあなたも、このような要素を掛け合わせるトレーニングを取り入れることで新たな気づきが得られるかもしれません。

 

 

相良郁実

 
 

Lograr のトレーニングサポートでは、あなたが感じているプレーの課題や悩みに対してプレーの土台である身体の癖や身体の動かし方、使い方を分析することで効率的にその課題が解決できるようなサポートを実施しております。

「自分にとって最適なトレーニング方法を教えてもらいながら一緒に成長したい」という方はLograr のトレーニングが手助けになると思いますので是非一度トレーニングを受けに来てください。

トレーニングサポートのご依頼は下記からお問い合わせください。