「身体のキレが悪い」と感じた時に、チェックすべきある部位とは?

トレーニング

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。

「いつもだったら追いついていたボールに追いつかない・・・」
「相手の動きが読めていたのに突破されてしまった・・・」

このように、身体のキレが悪いなと感じたことはありませんか?

身体のキレが悪いと感じても、
何をすればいいのか分からないという選手もいるのではないでしょうか?

今回は、
「身体のキレが悪い」と感じた時に、チェックすべき部位と改善方法をご紹介します。

身体のキレが悪くなる原因は
身体の各部位が硬くなることでスムーズな動きが制限されることによって引き起こされるのです。


では、身体のどの部位が硬くなるとキレが低下するのでしょうか。

結論からいうと、
身体のキレが悪いと感じた時にチェックして欲しい部位は「お尻」です。

お尻周りの硬さが、
様々な制限を生み出すことをご存知でしょうか?

お尻周りの硬さは骨盤や股関節、背骨といった身体の中心部分のの動きに影響を与えます。

対人競技では、
中心部分の動きが制限され、
身体を動かす一瞬のスピードが遅くなり「相手から動きが遅く見える」というような現象につながります。

また、
これらの動きが制限されることで、腰や膝への負担も大きくなり怪我のリスクを高めることにもつながります。



お尻って硬くなるの?
と思う方もいるかもしれませんが、お尻周りは様々な原因で硬くなります。

一例を出すと、
お尻は座っている時間が長いだけでも硬くなるのです。

座っていると、お尻は座面とずっと接していることになります。

ずっと当たっている部位は皮膚が硬くなり、
硬くなった皮膚の下が血流障害を引き起こし硬さを生み出す要因となります。

 

このように、
様々な原因で硬くなりやすい部位だからこそ丁寧に硬さをとっていくことが必要となります。

お尻周りの硬さを改善するトレーニングをいくつかご紹介していきます。

 

View this post on Instagram

臀筋ストレッチ お尻周りの硬い選手はかなり多い。疲労が溜まりやすい選手、腰や足に疲れが現れやすい選手は要チェック✔︎ 学生アスリートや社会人の選手でも、普段から座る時間が長い選手は硬くなりやすいです。 前足のスネと両肩が並行の状態で、上半身を倒すことができる状態が理想。 最初からできる選手の方が少ないので、膝の曲げる角度を調整しながらストレッチすることをオススメします。 #ストレッチ #トレーニング #臀筋 #疲労 #リカバリー #柔軟性 #スポーツ #サッカー #フットサル #アスリート #ジュニアアスリート #社会人アスリート #Lograr

A post shared by 相良 郁実 (@ikumi.sagara) on

 

 

 

お尻の筋肉は大きく硬さが改善しにくい部位でもあるので、

柔軟性を高める場合は、

  • 足指(特に小指)をほぐす
  •  スネの内側をほぐす

なども同時に実施すると効果的です。


この2ポイントはお尻の硬さとも関連が深く、循環を促進する部位でもあります。
多角的にこれらの部位をほぐしながら「お尻周り」のストレッチを実施してみてくださいね。

いかがでしたか?

あまり知られていませんが、
お尻周りの硬さを改善することはサッカー選手のコンディションを高める有効な手段の一つです。

「身体のキレが悪い・・・」と感じた際に、是非チェックしてみてください。

 

相良郁実