Jリーガーも取り入れている、サッカーに活かせるバランストレーニングとは?

トレーニング

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。

今日はですね、
サッカー選手の「身体の強さ」について解説していこうと思います。


「試合中に相手にぶつかられてバランスを保つことができず倒れてしまう・・・」
「ここぞ!という時にバランスを崩し相手からボールを取られる・・・」
「ぶつかられて倒れることはないが楽にバランスを保つ方法を知りたい」

この記事を読んでいるあなたも、
このような悩みを抱えていないでしょうか?

今回は、
試合で相手からプレッシャーを受けても
倒されないために必要なトレーニングの方法をご紹介します。

 

一般的なバランストレーニングというと、

  • 片足で何秒止まれるか
  • 身体に負荷がかかる腕立て伏せのような状態でじっと止まれるか


このように、
どれだけ止まれるかというものが多いです、
僕はあまりこのような指導はしていません。

当サロンでトレーニングを受けている選手はわかると思いますが、僕の指導でお伝えしているものは、これらの一般的なバランンストレーニングよりも難易度高いですよね。

一般的なバランストレーニングも必要に応じて実施しますが、サッカー選手には難易度の高いトレーニングを実施してもらっています。

サッカーの動きを考えると、
『上半身の動きに伴ったバランストレーニング』が必要になります。

どういうことかというと、
サッカー選手の様々な動きに「上半身の動き」が影響を与えます。


例えば、
キックする時には腕を大きく振り上げますし、
ダッシュするシーンでは思いっきり腕を振りますよね?

「気をつけ」の姿勢でサッカーすることが難しいように、腕や体幹といった上半身がどれだけ自由に動くかという部分はプレーに大きな影響を与えます。

なので、
上半身の動きを伴ったバランストレーニングが必要なんですよね。

 

一般的なトレーニングの多くが、
足でバランスを取ろうとする際に、
身体全体に力をいれて上半身を固めることでバランスを保ちます。

しかし、
この方法では上半身の動きが固まってしまっているので、サッカー選手にはあまりお勧めできません。

だからサッカー選手用のバランストレーニングでは上半身を使います。

 

 

それでは、実際にどのようなトレーニングをしているのかご紹介します。

 

 

View this post on Instagram

アンバランスの中での柔軟性  下半身が不安定になると安定を図るために上半身の動きが硬くなるケースは多いです。そのなかでいかに滑らかな動きを発揮できるか。  一般的に硬くなりやすい場面で、どのような反応を起こせるかが周囲との差をつける鍵となる。   ▽ HPアクセスはプロフィール画面から。 @ikumi.sagara   #女子サッカー #なでしこ #サッカー #フットサル #トレーニング #フィジカル #ワークアウト #柔軟性 #連動性 #伸び代 #パーソナルトレーニング #サッカートレーニング #フットサルトレーニング #大阪 #四ツ橋 #南堀江 #背骨 #肩甲骨 #股関節 #football #physical #movement #training #Lograr

A post shared by 相良 郁実 (@ikumi.sagara) on

 

 上半身を大きく動かした状態で、
身体のバランスをキープするトレーニングの一例です。

このようにバランスを保つことが難しい場面でも、
上半身の動きの幅を広げることが重要になります。


 

いかがでしたか?

サッカー選手が、
「試合中に相手にぶつかられてバランスを保つことができず倒れてしまう・・」ということを改善するためには、上半身の動きを伴ったバランストレーニングが必要になります。



身体のバランス能力を高めて、
試合中にバランスを崩さないボディバランスを手に入れたい選手
是非取り入れてみてください。

 

 

相良郁実

 

 

Lograrのトレーニングを本格的に導入したい選手は下記から。