プレッシャーのかかるシーンでいつもミスをしてしまうサッカー選手の動きを改善するためのトレーニング方法とは?

トレーニング

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。

今日はですね、
サッカー選手の力みについて解説していこうと思います。


「プレッシャーのかかるシーンでいつもミスをしてしまう・・・」
「試合になると力が入りすぎてしまい思うようなプレーができない・・・」

というような相談を受けることがあります。

 


サッカー選手のミスを招く要因はたくさんあるのですが・・・

トレーニングを受けに来る選手で
プレッシャーのかかるシーン場面でのミスを招く要因の多くが
「肩に力が入りすぎてプレーの精度が低下している」ということです。

 

ミスを招く要因が、肩の力み?と思いますよね。
なぜ、肩の力みがサッカー選手のミスを招くのか、というところから説明していきますね。

 

そもそも、
力みというものは
無意識のうちに無駄な力が入ってしまっている状態です。

「肩に力が入っているよ」
「肩の力を抜いて!リラックスして!」

このように言われたことがある選手も多いのではないでしょうか?


これは、自分で気がつかないうちに
肩に力が入ってしまっている状態なんですね。

 

肩の力みがミスを招く理由は、力の入り過ぎです。

力が入りすぎると、
動きが遅くなるだけでなく、
動きが雑になるのでミスを招きやすくなります。

力を目一杯入れた状態で、正確な動きって難しいですよね。


サッカーの動きで説明すると、

サッカーのパスやシュートでも、
力の入れ具合や微妙な調整が必要になりますが、
肩に力みが入るとそれらの調整ができなくなりミスを招きます。

 

 

ということは、
肩の力みを改善したらいいのでは?となりますよね。

ですが、どうやって改善するのかというところが問題でして・・・

「リラックスして!」
「肩の力を抜いて!」
と言われて、肩の力って抜けませんよね・・・

 

 

 

では、どのように肩の力みを改善するのか説明していきますね。

 

力みの正体は、「働きすぎ」です。

肩の力んでいる部位は、
必要以上に使いすぎてしまっている部位です。

このような、力んでいる部位は、ほぐすだけでは解決できません。
力を抜こうとしても力が入ってしまうから「力み」なんですよね。


では、どうすれば良いのかというと。

「サボっている」部位に目を向けることが必要です。

働きすぎが原因ならば、
働きすぎなくていい状態をつくらないと問題は解決しません。

 


肩の力みを改善するには、「脇」を働かせることが有効です。


脇を締めろ、脇を使えという言葉があるように、
スポーツで重要な役割を果たす部位の一つです。

脇に何度も刺激を入れて、
脇が働きやすい環境をつくることで肩の力みが解消されていきます。

 

それでは、実際にどのようなトレーニングをしているのかご紹介します。

 

View this post on Instagram

脇回し 下半身で生み出した力を腕に伝えたり、全体の連動性を作り出していくうえで脇はキーポイント。「脇を締める」という言葉があるように、脇に刺激を入れると力の伝達効率は向上します。 肩が上がるとパフォーマンスは発揮しにくいです。肩を下げようとするよりも脇に刺激を入れて肩が下がる状態をつくることができます。サッカーのドリブルやコンタクト、シュート、ランにおいても重要です。 肩こりの人も是非。 #ストレッチ #トレーニング #フィジカル #脇 #連動性 #柔軟性 #前鋸筋 #体幹 #スポーツ #サッカー #フットサル #アスリート #ジュニアアスリート #Lograr

A post shared by 相良 郁実 (@ikumi.sagara) on

 

手順

  1. 肩の後ろ(脇)を押さえる
  2. 肘で大きく円を描くように肩を回す

 

 

いかがでしたか?

このように、「プレッシャーのかかるシーンでのミス」を減らしていくには、
サッカーの技術を高めるだけでなく、身体のバランスを整え「肩の力みを改善すること」が必要となります。


力みを改善して、試合中のプレーの精度を高めたい選手は、是非取り入れてみてください。

 

Lograrのトレーニングを本格的に導入したい選手は下記からお問合せください。

 

相良郁実