姿勢が原因かも?「試合後半になると動きが鈍くなる」というサッカー選手に必要なトレーニング方法とは。

トレーニング

こんにちは。 
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。

今日はですね、
姿勢について解説していこうと思います。 

「試合終盤になると動きが鈍くなる・・・」
という悩みはありませんか?

僕のところに
相談に来る選手の多くが「姿勢が丸くなる」という問題で、
試合終盤の動きが遅くなっています。

「姿勢」に関しては、
カテゴリーレベルが高い選手でも、
課題として感じていることもあるように、
サッカー選手のトレーニンングのポイントの一つです。

そもそも、
姿勢が丸くなることと、
試合終盤に足が重たくなることが、
どのように関係しているのか、ということから説明していきますね。

 

身体には重心というものがあり、
重心が低いと身体の動きは遅くなります。
(逆に重心が高いと身体の動きは速くなります)

姿勢が丸くなると、
重心が低くなるので足が重たく感じ、動きも遅くなります。

 

少し表現を変えて説明しますね。

「胸を下に向けた状態」と「胸を前に向けた状態」
どちらが速く進むことができますか?

胸を前に向けた状態の方が、速く進めますよね。

胸を前に向けることで、
視野も広くなり、重心が高くなるので移動スピードは速くなります。


要するに、
試合終盤で無意識のうちに姿勢が丸くなると、
重心が下がるので動きが鈍くなるということです。



何が言いたいかというと。

サッカー選手には、
高い重心を維持できるような姿勢を獲得することが必要だということです。

高い重心を維持できるような姿勢とは、
胸を前に向けた状態、いわゆる「良い姿勢」ですね。


良い姿勢を獲得することによって、
目線が上がり、胸も前を向くので重心が上がります。

 

実際にどんなトレーニングを実施しているのかご紹介します。

 

View this post on Instagram

制限の中での柔軟性。  サッカーでは、上体を起こしたなかでどれだけ制限なく動くことができるかという柔軟性が必要になる。どのような複合的なパターンでも自由度を発揮できるように。   ▽ HPアクセスはプロフィール画面から。 @ikumi.sagara    #サッカー #フットサル #トレーニング #フィジカル #ワークアウト #柔軟性 #連動性 #伸び代 #パーソナルトレーニング #サッカートレーニング #フットサルトレーニング #大阪 #四ツ橋 #南堀江 #背骨 #肩甲骨 #股関節 #football #physical #movement #training #Lograr #JARTA #相良郁実 #Lograrパーソナルトレーニングサロン

A post shared by 相良 郁実 (@ikumi.sagara) on

 

 

このように、
「試合終盤に足が遅くなる」ということを改善するためには、
高い重心を保つための姿勢の獲得が必要になります。

このトレーニングはあくまで一例ですが、
普段のトレーニングから「重心の高さ」や「胸の向き」を
意識することで試合での動きに反映されます。

 

試合終盤の動きをス改善したい選手は是非取り入れてみてください。

 

Lograrのトレーニングを本格的に導入したい選手は下記からお問合せください。

 

相良郁実