股関節が硬いと切り返しが遅くなる?切り返しスピードを身につけるためのトレーニング方法とは。

トレーニング

こんにちは。

大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。

 

今日は、サッカーの切り返しについて解説していこうと思います。
切り返しスピードを身につけるトレーニングの方法ですね。

 

 

当サロンにも、
「切り返しのスピードが早くなる方法を知りたい」
「足が速くなるトレーニングを教えてほしい」
「ダッシュの一歩目を速くしたい」

という要望を多く受けます。

 

サッカーの切り返しスピードを高める方法は沢山世に出ているのですが・・・

トレーニングを受けに来る選手で切り返しスピードの遅い要因の多くが、
「股関節が硬く切り返しスピードが遅くなっている」ということです。

 

股関節の硬さと、足の速さ(切り返しのスピード)が関係しているの?
と、思いますよね。

 

実は、サッカー選手の足の速さと股関節の柔軟性は密接の関係にあります。

 

「手の指を動かしてください」
と、言われたら指を曲げたり伸ばしたりすることができますよね?

 

では、
「股関節を動かしてください」
と、言われたらどのように動かしますか?

手の指のように曲げたり伸ばしたりするだけではなく、
開いたり、閉じたり、回したりすることもできますよね?

 

股関節というのは、様々な動きができる関節なのです。
サッカーでは前後だけでなく、左右、斜め方向のあらゆる方向の動きが必要となるので、
様々な方向に動かせる股関節が硬いと、動きが制限されていまします。


動きが制限されると、足は遅くなります。

向かい風のときに、前に進もうとしても足が遅くなるように、
自分の進みたい方向への動きを制限されると動きが遅くなるんですね。

 

「足を速くしたい!」と言うと、

一般的には、
筋力を高めることや、ラダーのように素早く足を動かすことが必要だと言われていますが、
そもそもの柔軟性が不足していることが多いのです。

要するに、
サッカー選手の切り返しスピードを高めるためには
「股関節の硬さ」を改善することが第一ステップとなります。

 

 

 

 

それでは、実際にどのようなトレーニングをしているのかご紹介します。

 

View this post on Instagram

インナーローテーション。  サッカー選手に必要な中心部分の動きを引き出すトレーニング。末端を固定することで中心部分の動きを引き出すことができます。  方向転換や動き出しのスピード高めるためにも、中心部分の柔軟性は最低限必要な要素です。  ▽ 出張予定 12.9 (月) 東京出張 キャンセル待ち  ▽ HPアクセスはプロフィール画面から。 @ikumi.sagara   #伸びしろに気づく #できない動きを知る #新たな可能性に触れる #サッカー #フットサル #トレーニング #フィジカル #柔軟性 #連動性 #伸び代 #サッカートレーニング #大阪 #四ツ橋 #南堀江 #背骨 #肩甲骨 #股関節 #Lograr #Lograrパーソナルトレーニングサロン

A post shared by 相良 郁実 (@ikumi.sagara) on

 

 

手順

  1. 斜め座りで座る(この際、両足首が目に見える位置で実施しましょう)
  2. 足首の位置を変えずに、膝の向きを入れ替える

 

 

難易度

  1. 後ろに手をついて楽な体勢でやる
  2. 後ろにもたれながら片手で実施する
  3. 両手を離し、身体を起こして実施する

 

 

 

いかがでしたか?

 

このように、「切り返しスピード」を高めるためには
筋力トレーニングや足を素早くトレーニングだけでなく、
身体の柔軟性を高めることが必要となります。
その中でも「股関節の硬さ」を改善することでサッカー選手の切り返しスピードは速くなります。

切り返しスピードを高めたい選手は、是非取り入れてみてください。

 

Lograrのトレーニングを本格的に導入したい選手は下記からお問合せください。

 

相良郁実