小柄な選手がドリブル突破を武器にする方法とは?

トレーニング

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。

「あの場面でドリブル突破できていれば…」
「ボールキープは得意なのにドリブル突破は苦手…」

あなたは、このような経験したことはありませんか?


スポーツでは局面を打開する能力が要求されます。
サッカーでいうと、「1対1の強さ」がそれにあたりますが、小柄な選手だと体格の大きい選手を相手に突破することが難しいと感じている選手もいるのではないでしょうか。

今回は、ドリブル突破を武器としている、小柄なサッカー選手に共通する「身体の使い方」をご紹介します。

ドリブルといっても様々なシーンがありますので、ここでは「1対1で相手を抜き去るシーン」に限局して説明していきます。

ドリブルといっても様々な要素が組み合わさっていることをご存知でしょうか?
ボールタッチの技術が必要なことははいうまでもありませんが、それだけでは十分といえないのです。

では、どのような要素が組み合わさっているのか解説していきます。


ガチガチのロボットような身体では相手を抜き去ることは困難です。

なぜなら、ガチガチのロボットのような状態であれば動きが硬くなりやすいからです。動きが硬くなれば、動作のスピードが遅くなり相手に読まれたりフェイントが通用しなくなります。

要するに、上半身が硬いとドリブル突破が難しくなります

ドリブル突破が得意な選手は、少なくともこのような特徴があります。

  • 動き出し(特に一歩目)のスピードが速い
  • スピードを落とさずバランスを保持できる
  • 上半身のしなやかな動きができる
  • 両脚同時操作能力が高い

 

トップ選手の動きを見ていてもフェイントを仕掛けて相手選手を置き去りにするシーンも多いですが、それ以上に相手との駆け引きの中で身体を巧みに使ってドリブル突破するシーンも多く見受けられます。

そのようなシーンで上半身の動きは特に顕著に出ます。
上半身のしなやかな動きがドリブル突破には非常に有効です。

上半身をしなやかに動かすために何が必要かというと、『柔軟性』です。
上半身では肩甲骨・肋骨・背骨の柔軟性はとても重要になります。

その中でも、ドリブル突破を武器としている小柄なサッカー選手に共通する身体の使い方で特徴的な動きが、「胸セパレート」という上半身の動きです。

相手を抜き去る瞬間や、身体を入れるシーンで多様する動きですが、『スピードを落とさず相手を抜き去りたい』選手には獲得必須な動きです。

どういう動きかというと、
相手を抜き去るシーンや、相手の前に身体を入れるシーンで、目線は前を向いた状態で『胸だけ』大きく動かすような身体の使い方です。

 

このような、『目線は前を向いたまま胸を横に向ける動き』が自由自在にできることで、ドリブル突破で活路を見出すことができます。

高いテクニックやボールコントロールなどのスキルを発揮するための土台には、上半身の柔軟性や身体の使い方といった「動きの質」が影響を与えます。現状のプレーに課題を感じている選手は「動き」にまだ伸び代があるかもしれません。


なかなかドリブル突破できないという選手は、足元だけでなく上半身の動きにも目を向けてみてください。

相良郁実

追伸

今回の記事では、どのような動きがドリブル突破に必要なのかを紹介しましたが実際のトレーニングでどんなことをしているのか気になる方はこちらの記事をお読みください。

サッカーのドリブル突破能力を高めるトレーニングとは?