捻挫が“癖”になっているサッカー選手に必要なセルフケア方法とは?

セルフケア

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。


今回は、足首のセルフケア方法について解説していこうと思います。
サッカー選手の捻挫癖を改善する方法ですね。

サッカー選手で足首周りの怪我や違和感、硬さに悩まされている選手は少なくないです。

 

  1. 足首の捻挫をしたことがない選手
  2. 捻挫の経験はあるが完治した選手
  3. 捻挫が癖になってしまい足首の違和感や硬さ、不調が残る選手

 

この③の選手のように、
足首周りの怪我や違和感、硬さに悩まされている選手はとても多く・・・

「足首の捻挫が癖になっている・・・」
「足首が緩いのでテービングしないと怖い・・・」
「足首が硬く詰まるように感じているがケア方法が分からない・・・」

 

このような相談をよく受けます。

僕のところに足首周りの不調を抱えているという相談をする選手の多くが、「足首の動きが硬い」という問題を抱えております。

 

この問題を放置している状態で、足首の機能を高める筋力トレーニングやバランストレーニングなどを実施しているので関節が滑らかに動かず筋肉ばかり強化する形になり結果的に「疲れやすい足」になっていたり、疲労が溜まり筋肉が疲れたときに捻挫をしてしまうような癖が抜けていなかったりするのです。

なので、まずは根本的な足首周囲の硬さを取ることが必要になり、その状態でトレーニングをすることが重要になるのです。

この『足首の動きを引き出す』というステップを踏んでいない、もしくはケアはしているが硬さが取り切れていないことが問題になっているので、今回は足首の動きを引き出すセルフケア方法を動画でご紹介します。

具体的な方法をお伝えする前に幾つのポイントを挙げておきますので、自分の硬い部分やケアできていなかったところがあればセルフケア項目に追加してみてください。

 

<セルフケアポイント>

  • かかと
  • 足の裏
  • 足の小指
  • 太もも後面
  • 内くるぶしの後ろ

 

他にもいくつかありますが、まずはこのポイントを重点的にケアすることがお勧めです。

 

では、早速やっていきましょう。

 

 

 

 

追伸

Lograr のトレーニングサポートでは、あなたが感じているプレーの課題や悩みに対してプレーの土台である身体の癖や身体の使い方を改善して効率的にその課題が解決できるようなサポートを実施しております。

自分自身のプレーの課題や悩みを自分で改善できないという方は Lograr のトレーニングが手助けになると思いますので是非一度トレーニングを受けに来てください。

トレーニングサポートのご依頼は下記からお問い合わせください。