サッカー選手の疲労回復を早める4つチェック項目とは?

セルフケア

こんにちは。
大阪・堀江サッカー専門パーソナルトレーニングサポート「Lograr」の相良です。

 

今日はですね、
疲労について解説していこうと思います。
サッカー選手の疲労回復を早める方法ですね。

 

「疲労がなかなか抜けない」
「明日の試合までに疲労を取りたい」

このような相談をよく受けます。

疲労を抜く方法自体は沢山あるのですが・・・

僕のところに相談にくる選手の多くは、
「循環不良」になっていることが要因で疲労が抜けにくくなっています。

 

疲労が抜けきれない状態が続くことで、

自分の思うようなパフォーマンスを発揮できない、

筋肉系の怪我を繰り返してしまう、

という選手も多くいます。

 

今回は、

疲労回復を早めるポイントと3つのチェック項目をお伝えします。

 

まずは、
疲労が抜けにくい選手に多い「循環不良」について解説していきます。

 

 

循環不良というのは、
簡単にいうと血の巡りが悪い状態です。

血の巡りが悪いと、
疲労物質や老廃物が排除できず疲労が残ってしまいます。

なので、
循環を促進して疲労物質を流すことが疲労を回復するために必要なんですよね。

 

では、
どうやって循環を促進するのか?について説明していきます。

循環を促進させるポイントは、
「循環の経路をつくること」です。


循環の経路があるからこそ、
循環は促進することが可能になります。


どれだけストレッチやセルフケアで血流促進しても、循環経路となる道が塞がれていては循環の改善はされません。

 

高速道路も渋滞になると、
入り口の流れをどんどんよくするよりも、出口の流れをよくする方が渋滞緩和されますよね。

循環経路をつくるということは、
疲労が抜ける道をつくるということなんですよね。

では、どのように循環経路をつくるのかご紹介します。

 

循環経路をつくる上で重要な4つのチェック項目

  1. 左鎖骨下
  2. 胸周り
  3. お腹
  4. 股関節

 

この部分の硬さを取ることが、
循環経路をつくる上で重要になります。

その中でも左鎖骨下は、両脚のリンパの出口となるため最重要チェックポイントとしています。

出口が塞がっていては、好循環が生まれにくいので優先的に出口からほぐしていきましょう。

 

 

では、最重要ポイントの簡単チェック方法をご紹介します。

 

<左鎖骨下のチェック方法>

  • 左鎖骨下のくぼみを押しても痛くないか
  • 左鎖骨周りの皮膚がつかめるか

 

この2点をチェックして、押して痛みがあったり皮膚の硬さがあれば、循環経路が整っていないので「左鎖骨下」を丁寧にほぐすことがお勧めです。

 

 

要するに、

疲労回復を早めるためには循環が必要であり、
その循環を促進する上で、「左鎖骨下・胸周り・お腹・股関節」の硬さを取っておくことが重要だということです。

 

この4ポイントを優先的にほぐした上で、
一般的な足のマッサージやストレッチで血流を促進することで循環が生まれやすくなり疲労回復が早くなります。

 

 

疲労が抜けにくく悩んでいる選手、
とにかく早く疲労を抜きたいという選手は是非お試しください。

 

 

相良郁実