サッカーに必要な柔軟性を向上させる方法。

TR23 トレーニング

先日の記事で、身体の中心部分に柔軟性が重要な理由を述べました。

そんなことを書いた記事はこちら。

サッカー選手が柔軟にすべき部位

『パフォーマンスアップ』と『ケガの予防』
これらを両立させるには柔軟性は必須であり、その柔軟性を高めていく方向性の中でも優先順位が高い部位が身体の中心部分だということ。

なので、僕も身体の中心部分の柔軟性を高める方向性の中で、パフォーマンスアップに繋げるためにスピードやバランスを同時に要求しトレーニングしていくことが多いです。

なので今回はどのように中心部分の柔軟性を高めていくかについて記事にしました。

中心部分が動く環境をつくる

中心部分の柔軟性を高めるためには、中心部分に動きを入れる必要性があります。

では、どうやって中心部分に動きを入れるか。

中心部分が動くしかない環境や状況をつくることが必要です。

https://www.instagram.com/p/BrcrPc0n1Fd/?utm_source=ig_web_copy_link
股関節トレーニング

このトレーニングを例に解説します。

この動画はサッカー選手に対して僕が指導しているものです。

方向転換や切り返し、様々な方向へスムーズに動き動き出せることを目的に指導しています。
より速く・滑らかにこのような動きを要求すると、やはり中心部分の柔軟性が必要不可欠になります。

このトレーニングでは、足首の位置を固定することを要求しています。
足首を固定することにより、中心部分が動かなければ動きの切り返しができない状況をつくっています。

この足首を固定することが、このトレーニングでは肝になります。

中心に動きを入れるためには、固定するところをつくることも有効な方法です。

末端を止めることで中心部分に動きが入る

股関節トレーニングを引き合いに出しましたが、大切なことは方法よりも原則です。

『末端を止めることで中心部分に動きが入る』

末端(足首)を固定することで、中心(骨盤・股関節)に動きが入る。

これが、このトレーニングの本質的な部分です。
なので、ここからトレーニングを選手によって応用させることができます。

具体的にいうと、
この(○○)の部分を変えればトレーニングは発展させることが可能です。

肩甲骨を立たせる立甲というトレーニング
末端(手首)を固定することにより、中心(肩甲骨)を動かす

スポーツでは様々なシーンが想定されるのでトレーニングの方向性としては、末端を止めなくても中心を動かせるようになることが理想です。

ですが、柔軟性を高めるという段階においては中心を動かすしかない状況をつくることも有効な手段です。

『末端を止めることで中心部分に動きが入る』

新たなプレーの選択肢を増やしたい選手は、是非。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

追伸
新たな自分の伸び代を見つけたい選手は下記よりお問い合わせください。
Lograrのトレーニングサポートはあなたの成長を加速させます。


トレーニングLINE@

LINE@