サッカー選手が柔軟にすべき部位

TR22 トレーニング

当サロンで既にトレーニングセッションを受けていただいている方は実感を通して分かると思いますが、柔軟性は何歳からでも向上できます。

柔軟性は獲得できないものではない。
むしろ何歳からでも獲得できるし武器にもなる。

柔軟性を高める。

柔軟性を向上させる。

柔軟性といっても人間には様々な関節や筋肉があります。

サッカー選手が、どの部分を優先的に柔軟にしていくべきなのか。

サッカーを例に説明していますが、スポーツ選手には是非読んでほしいです。

柔軟性を高める理由

柔軟性を高める理由は、
パフォーマンスアップとケガ予防の両立には欠かせないからです。

「パフォーマンスを高める」
「ケガを予防する」

様々なチームや選手と関わっていますが、これらの両立を目的にトレーニング指導しています。この2つの両立に欠かせないのが、土台部分にあたる柔軟性です。

サッカーでは、急加速や急減速、それに伴った方向転換などが要求されます。

サッカー選手でも柔軟性に伸び代がある選手は多いですが、試合では様々な方向に動き出すこと、どのような体勢でも高いパフォーマンスを発揮されることが要求されます。そのような試合で発揮される様々な状況下での高いパフォーマンス発揮には『柔軟性』という土台が必要不可欠になります。

土台だから向上させる必要があるのです。

ケガの予防に関しては想像がつきやすいですが、パフォーマンスと柔軟性は関係性はまだまだ選手レベルで浸透していないと感じてます。

簡単にいえば、
硬さがあれば自分の身体をコントロールすることが難しくなります。
硬さがあるが故に反射的な動きが遅れたり、方向転換が遅れたり、プレースピードにロスが生じる原因になります。

あ

柔軟にしておくべき部分・部位

「何から始めたらいいですか?」という選手は、まずは中心部分から柔軟性を高めることを推奨します。

柔軟にしておくべきエリアは、身体の中心部分です。

身体の中心に近い部位は優先的に柔軟性を高める必要性があります。

具体的にいうと、

  • 背骨
  • 骨盤
  • 肋骨
  • 股関節
  • 肩甲骨

この辺りの柔軟性はかなり重要。

柔軟性を高めたいと考えている選手は、このような中心部分の柔軟性を高めることを推奨します。中心部分の柔軟性が高まると他の部位への波及が円滑になり動きが変わります。

中心部分の柔軟性とパフォーマンス

身体の中心部分には様々な関節があります。
一つ一つの関節自体の動きは小さいですが、その小さな関節が動くと動かないとではパフォーマンスに大きな差が出ます。

一つ一つの関節が動くことにより、力の増幅が生まれ結果的に大きなパワーが発揮されます。関節のズレあう動きが、大きな力や方向転換などの動きで協力作用として働きます。

動きの中で、協力作用があることは大きな武器になります。

キレを発揮するためにも柔軟性が土台です。
身体の中心部分が操作できることで相手から認識できないスピード(キレ)を発揮することができます。

だからこそ中心部分の柔軟性は必須です。

まとめ

・中心部分の柔軟性が必要
・中心部分の小さな関節が動くことでパフォーマンスに影響を与える
・少ない力だ大きなパワーを発揮する
・動きの中でハイパワーやハイスピードを発揮する

トップ選手たちの共通項は、
普通の選手が硬くなりやすい部位を、自由自在に動かせることです。

方法は無限大。
まずは中心部分から柔軟性を高めることをお勧めします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

追伸

柔軟性はあくまで土台です。土台だからこそ重要視している部分ですが試合で発揮されるような動きを獲得するためには『柔軟性』という土台ににどれだけ多くの要素を同時に発揮できるかという同時発揮能力も高めていく必要があります。

1シーズン活躍し続けるためには「疲れない身体づくり」も必要になります。柔軟性向上はこのような身体づくりにも必須です。

柔軟性を高めて『動き』を変えたい選手は、下記からお問合せください。

トレーニングLINE@

LINE@