不安定を使いこなすトレーニングがサッカー選手に必要な理由。

TR19 トレーニング

身体を安定させるトレーニングの目的って何ですか?

スポーツにおける安定トレーニングの目的って何でしょうか。

それは身体を安定させることだよと言われそうですが、目的を考えながらこのまま読み進めてみてください。

(後半でサッカーを例に説明しますが、スポーツによっても目的は変わります)

安定トレーニングあるある

安定してトレーニングしましょう

身体は安定させないと!!

軸が安定してきましたね

この言葉、僕も使うことはあります。

使うからこそ注意もしています。

安定というキーワードはマイナスの側面も含まれていると考えています。

安定を求めるトレー二ングと実際の競技にはギャップがあります。

スポーツでは不安定な瞬間が多いということを理解する必要があります。

不安定な瞬間が多いからこそ安定が必要だとも考えられます。

ここで考えたいことは、目的の明確化です。

スポーツでは不安定なシーンが多い

だから安定させましょう

僕もこのように指導することもあります。

もう一度言いますが、だからこそ注意が必要です。

スポーツ選手が不安定なシーンで安定できたらいいですか?

安定した結果スピードが落ちても次の動きがぎこちなくてもいいですか?

そもそもスポーツにおける安定って何ですか?

サッカーを例に説明

不安定なシーンで求められることは、次のプレーにつなげることです。

相手と競り合い不安定な状態になっても、次のプレーにつなげられることができれば良いプレーとなります。

相手からタックルを受け、不安定になっても身体を前に倒しスピードに転換できれば良いプレーになります。

不安定なシーンでも次のプレーにつなげることができればOK
その次のプレーに円滑に進むためにはボディバランスが大事

という順番だと考えています。


安定させることが正解や間違っているというわけではなく、あくまで順番の話です。目的と手段の話です。

サッカーの場合、目的が安定になることはありません。

必ず何かを実行させるためです。

動き出しやドリブル突破、次のプレー展開、シュート、パスなどなど。

その何かを実行させるために安定が存在しています。

まとめ

目的→次のプレーにつなげる

手段→ボディバランスを保つ

その安定トレーニングの先にはどのような動きがありますか?

その先を考えるだけでもトレーニングが実際のプレーに結びついてくるのではないでしょうか。

その安定させるトレーニングからいつでも動き出せますか?

ネイマール選手は特に不安定を使いこなすことが上手い選手です。

ネイマール選手の動きはこちらから。


安定を求める先には、

不安定を使いこなすという目標が理想だと考えています。

不安定を使いこなせる選手へ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コモド

追伸1

サッカーのトップ選手は不安定を使いこなす動きがとても多いです。思いっきり上半身を動かしてバランスを保ち、その反動を次のプレーの動き出しに使っている選手が多いです。

トレーニングLINE@

LINE@