誰よりも早く会場に到着しているあなたへ。

sp5 スポーツ論

今回は早く会場に到着している選手に向けて。

かなり限定されていますが、そのような意識が高い選手がより周りと差をつけれるようなヒントになれば嬉しいです。

この記事を機に早く会場に向かう選手になってもらっても嬉しいです。

早く会場に到着しているのに…

現在はジュニア世代から社会人まで様々な選手に指導をさせていただき、複数のチームサポートをしていると色々な考えを持った様手に出会います。

チームでの活動では、集合時間前に時間の余裕を持ってきている選手と時間通りに来る選手に分かれます。(早くきている方がいいということを言いたいわけではありません。)

選手によって各自のリズム感や時間の使い方があることは承知の上で、早く到着しているのに勿体ないなと感じるシーンがあります。

  • だらだらと準備をする
  • 周りと談笑していて準備していない
  • 何もしない(何かしているかもだけど)



全員が揃うまでの時間をどのように使っていますか?
早く到着しているのに、ただただ集合時間になるのを待っていないですか?

せっかく早く来ているなら、その時間で周りと差をつけるような時間の使い方を意識してもいいんじゃないかなと感じています。

グランドの使用時間やチームの活動時間には、限りがあります。
その限られた時間の中で早く到着しているのであれば周りと差をつけることはできそうじゃないですか?

チームの活動時間は無限ではなく有限です。

「準備」で差をつける

全体のウォーミングアップから準備を始めるのは非効率です。
理想は個人アップで準備を始めることが理想です。
選手は各自で抱えている課題があるので全体のアップだけで準備するよりも、各自で準備したのちに全体でウォーミングアップすると、トレーニングの質は高められます。

皆が揃ってから準備をする必要はないです。
早く来ているなら、周りよりも早く準備をすればいい。

1人でもできる準備はたくさんあります。

・チーム(用具や持ち物)の準備
・シューズの準備
・服装の準備
・身体の準備
・意識の準備

『すぐに動き出せる準備』が重要です。

早くきているのであれば準備はできます。
やるかやらないかは自由ですが、この時間の積み重ねは大きいです。


もう一度言います。
やるかやらないかは自由ですが、この時間の積み重ねは大きいです。

1分でもいいから時間を積み重ねる

集合時間前に『すぐに動き出せる準備』をしておけば、集合してミーティング後すぐに動き出すことができます。
ここでもう差をつけることができます。


準備の際に身体の準備(個人アップ)もしておけば理想です。
自分自身の身体の硬い部分や動かしにくい部分がほぐれている状態で全体のウォーミングアップに参加できるから。

  • 動かしにくい状態から動かしやすい状態を作る(マイナスから0をつくる)
  • 動かしやすくなった状態から、さらに動かすスピードや強度を上げる(0から1をつくる)

目指して欲しいのは、0から1をつくれる状態。
全体アップがトレーニングになるような準備をしよう。

準備をしておくことで全体のウォーミングアップをトレーニングとしても変化させることができます。

これだけでも同じ2時間の練習やトレーニングマッチでの密度や濃度は変わります。早く会場に到着しているチャンスにはこんなに周りと差をつけるチャンスがあるんです。

さ

早く会場に到着しているのであれば、めちゃくちゃチャンスです。

どのように過ごすかは選手次第ですが、なんとなく過ごしていれば意識することを変えてみてはいかがでしょうか。

1分でも積み重ねれば10分にも30分にもなります。

意識して行動するだけで得るものは変わります。

成長速度を加速させたい選手は是非。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

追伸
日々の習慣や行動の積み重ねが、試合中のプレーに反映されます。
積み重ねた以上のものは反映されることはありません。
Lograrでトレーニングを積み重ねたい選手は下記から。


トレーニングLINE@

LINE@